モリアオガエルが目に付きます

先日、西広島バイパスから400メートルほど入ったところで、
モリアオガエルをみつけました。

昨日は、広島駅から直線でわずか2.5キロメートルほどしか離れていない
別の場所で、こんどはモリアオガエルの卵塊を発見しました。

いずれも、プランクトンを採るためにちょいと出かけてすぐ帰るだけの
行程ですから、周囲に目配りする余裕もなかったのですが、
何度も目に付くのは、よほど彼らはいま、つまり産卵期に入り無防備に
出歩いているのでしょう。


こちらも無計画に出かけたものですからカメラがありません。

やむなく、携帯で撮影したのが、これです。

中央の丸い囲み線の中に卵塊があります。
こんなのが4つありました。

sizeretouchF1000015.jpg


下の写真では、中央の下側の枝にも卵塊(囲み線なし)がみえます。

それよりなによりも、白い囲み線と黄色い囲み線が何かおわかりでしょうか。

sizeretouchF1000017.jpg


巧みに木の枝にカムフラージュしていますが、1メートルをはるかに超える
巨大なシマヘビが2匹、じっとしていたのです。

産卵のために警戒心の薄れたまま木の幹を這い上がってくる栄養満点の
モリアオガエルをねらっているのでしょう。


たとえ、シマヘビからは逃れて産卵できたとしても、池の中にたくさんいる
イモリが、卵塊から落下してくるふ化したばかりのオタマジャクシをねらっています。


カワセミもいました。これも、オタマジャクシを食べるとおもわれます。

一難去ってまた一難どころか、次々と現れる捕食者をかいくぐったものだけが
成体になれるわけです。

自然界は厳しいですね。

稼ぎが少ないとか、飯がまずいとか、そんなこといってられませんねえ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR