今年2回目の干潟観察会

広島干潟生物研究会主催の観察会に参加してきました。

今週の頭のころの週間予報では、週なかばで一度雨が降ったのち、
金曜・土曜が晴天でその後また下り坂になり、当日の日曜は雨とか。

ずっと気をもんでいたのですが、昨日、突然降水確率がぐっと下がり、
雨の心配がなくなりました。

今日になるとうす曇りの空。
暑からず寒からず、観察会にはもってこいの日和となりました。


そんな心配が参加者の皆さんにもあったのか、案内はずいぶん
早く出していたのに、一週間前の7日の段階での申し込みは
わずかに10名。

10日の水曜まで待ってもわずか17名でした。
木曜に24名、金曜に13名、土曜に8名の申し込みがあり、そして
当日の今日になって朝から電話で駆け込み申し込みが
10名ありました。

合計72名の大所帯の観察会になりました。

多くの方がリピーターであり、またその方々が口コミでお友達を
誘ってくださり、次第に増えてきました。

sizeretouchR0010739.jpg

sizeretouchR0010741.jpg

空を大きく入れると、文字を書くスペースになりますので、ポスターなどに
使えますね。


この干潟観察会は、受付のあと、木陰でレクチャーを聞くことから始まり
ます。

この場所を観察会の会場に選んだ意義、ここの環境の説明、ここで見られる
生き物の解説などです。

こどもたちは、早く干潟に出たいのですが、じっとよく聞いてくれます。

この説明のあと、中学生が活動上の注意事項を紙芝居にして子どもたちに
伝えてくれます。

そして、いよいよ干潟に出かけます。

この干潟観察会では、こどもたちが、小さな生きものを捕まえることを
制限したりはしません。

むしろ、お父さんやお母さんといっしょに泥まみれになって、狩猟本能を
むき出しにしても結構。

ただし、起こした石をもとどおりにしておくことや、捕まえて観察した後は
逃がしてやることは、紙芝居でも説明し、現場でも指導します。


こどもたちは、「これは何ですか?」とどんどん聞いてきます。

「あとで調べようね。」なんてごまかさないで、きちんと答えて
やります。具体的には種名やその生物の特性、類似の生物との
区別点などをわかりやすく教えます。

次々に聞いてきますので、次々に答えていくと、こどもたちは
いつしか名前を覚えますし、普通種とレアな種がしだいに
わかってきます。


よく、五感を通して自然を体感させようという観察会やゲームなどが
行われています。

それはそれで意義のあることではありますが、忙しい中でようやく自然の
中に飛び出してきたチャンスです。
めったにない機会ですから、濃厚な体験をして帰ってほしいとおもっています。

そのためには、まず生き物たちの名前から。
そしてその種の特性に少し触れると、こどもたちは想像力を働かせて
自然のなりたちや変遷、自然の脅威やもろさ、あるいは人の身勝手さなどを
考えます。

もちろん今日教えてもらった種名は、帰ってから忘れてしまってもかまいません。

ただ、名前は忘れたとしても、

「単にカニとおもっていたのに、あれこれいろいろな種類がいることが
わかった。」

「同じ種類なのに、色がいろいろ違う個体がいた。」

「種類が違えば、すんでいる場所も微妙に違ったね。」

「ぼくのなんとかガニが一番大きかった。」

こんなつぶやきが聞こえたら、観察会は成功ではないでしょうかね。

そして子どもたちは、それ以上にいろいろな気づきを心にとめ、
親に話そうとしたり、じっくり見つめ直したりしているのです。

参加者の皆様、お疲れ様でした。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR