テトラヒメナの動きがまるでカーチェイス

このところ、顕微鏡による微生物の動画がご無沙汰でした。

久しぶりの登場です。

今日の主役は、テトラヒメナ。

純粋培養でたくさんの個体を増やせること、全ゲノムが解析されたことで、
世界各地の研究室で維持され、遺伝子や分子生物学の研究対象となっています。

時代遅れのわたしとしては、そんなことではなく、アメーバのエサとして
大昔に培養していたことがあり、このたび、顕微鏡の下で出会ったときには、
おお懐かしやと感動しました。

さてさて、今日の動画はけっこう迫力があります。

テトラヒメナが実によいコンディションで増えており、生きのいい
動きを見せつけてくれます。

動画の最初の部分に静止画をはめています。
きわめて速い動きではありますが、ストロボの発光時間を2万分の
1秒ほどにして撮ったため、ようやく動きが止まりました。

その静止画に続いて動画が始まります。

では、どうぞ。


[広告] VPS



こんなに密度の高いところで、こんなにハイスピードで、
しかも1個体1個体が勝手な方向に動いているのに、
だれも正面衝突しないで行き交っています。

分子生物学的な興味はわたしはほとんどありませんが、この不可思議な
動きには、興味がつきません。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR