16株のハマサジ

瀬戸内海の島嶼部にはまだまだ自然海岸と、そこに生息する植物たちが
残っているはず、という前提で、ある島の海岸に行ってきました。

ここは県内でも有数の海浜植物の豊富なところで、一カ所で多くの種類を
見ようというときはここ、というほど有名なところです。

ところが、もう20年から30年ほど前でしょうか、干潟を横切るように堤防が
設置され、その奥が埋め立てられて別荘や住宅が建てられました。

その結果、みるも無残な状況になってしまったのです。

そうはいっても、けっこう広範囲に干潟が広がっていますので、壊滅というわけでは
ありません。

その浜の中央部に、ハマサジが細々と生えていました。
これは、沖の方から浜の奥に向かって撮ったものです。

sizeretouchDSC_2235.jpg

同じ個体群を、奥の方から沖の方に向かって撮ったものです。

sizeretouchDSC_2250.jpg


この浜の南側には小川が流れ込み、その周囲には数え切れないほどの
ハマサジが群落をつくっています。

ただ、浜の中央には、わずか16株の個体群。

この個体群が来年来てみたら増えているのか減っているのか、想像も
つきません。

しばらくの年月、注目したいとおもっています。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR