飛んでる鉄砲玉を写せるか

・・・最近よくありますが、「下書き」のままで「公開」するのを忘れていました。・・・


ダーツの矢を手で投げて、的の前に置いた水風船を破裂させ、
その音を拾った音センサーがストロボを発光させ、撮影することに
先だって成功しました。

これがその記事です。


これができたのだから、鉄砲の玉だって画面に止めて撮影することもできるのではないかと
おもいました。

あいにく鉄砲の類は、ライフルもピストルも持っていませんし、そもそも
持っている知り合いもいませんので、これはおあずけ。

とりあえず、100円ショップでオモチャのピストルを買ってきました。

玉は、ビニル風船を小さくしたようなもので、とても風船を破裂させる
威力はありません。

ですから、ピストルの引き金を引いたときに出る音を拾うしか方法は
ありません。

その結果、意外に簡単に撮れました。


sizeretouchDSC_2594.jpg

上は、ピストルと音センサーの位置を2メートルほどのところに置いたとき。
下は、6メートルほどのところに置いたときです。
これ以上離すと、音を拾ってくれないことがわかりました。

sizeretouchDSC_2592.jpg

下の写真で、緑色の玉の中に物差しの数字が写り込んでいるのは、
シャッタースピードを1秒にしていたたことと、部屋の灯りを完全に
消していなかったことで、その間に物差しの数字が写り込んだためです。


この調子なら、おそらく、BB弾を込めて使うエアソフトガンでも同様に
撮影できることでしょう。
ただし、音センサーの位置をかなりガンに近づけておく必要がありそうです。


本物のピストルでは、かなり弾の速度が速いでしょうから、銃口よりずいぶんと
離れたところに、カメラを設定する必要があるでしょうね。

とはいえ、いったいどこで撮影するのでしょうか。
これは、お預けどころか、永遠に撮れないでしょうねえ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR