マテバシイのドングリ笛

マテバシイのドングリをたくさん拾ってきました。

sizeretouchR0011606.jpg

ドングリ笛を作るため。

中の実をくり抜いて、マイドングリ笛を作ります。

昔は五寸釘でくりぬいたものです。いまは、千枚通しを利用します。


慣れないうちは、千枚通しをもつ手とドングリとが離れています。
しかし慣れてくると、千枚通しを持つ手の薬指がドングリに触れています。
器用な子は、最初からこうしています。

sizeretouchR0011600.jpg

sizeretouchR0011602.jpg

このような作業は、固定することが第一。
固定することで作業は確実になり、仕事はスムースになり、スピードも
上がります。

器用な子は無意識的に最初から薬指がドングリに触れるのです。


sizeretouchR0011607.jpg

中身をくりぬくだけの作業ですが、ヘタをすると殻を破いてしまいます。
デリケートな動きと、底の深さを読むことで、それを防ぐことができます。

意外に中身の量は多く、やり遂げた時、けっこう達成感があるのが
不思議で、小学生たちは、「もう一つ作りたい」とリクエストします。

ドングリを拾ってきて時間が経つと、中身が石のようにかたくなり
作業は困難となります。

いまが最適な時期です。
さあ、マテバシイのドングリを近くの公園に拾いに出かけましょう。

教室では、最初はスースーとしか聞こえなかったのに、5分もすると
ピーピーとうるさいうるさい。

みんな満足げです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR