写真のタイトル

写真展の準備も佳境にはいってきました。

今日は、この3月から「身の回りの不思議な現象」を撮り続け、
何点も秀作を生み出し、12月に出品していただく予定の
70代の女性とともに、写真を整理し、タイトルをつけていく作業に
没頭しました。

風景や静物の写真ならそう苦労することはないとおもいますが、
なにせ、彼女がここで撮りためたカットは特殊なもので、なかなか
いいタイトルがお互いに出てきません。


たとえば、これなんかどうでしょう。


sizeretouchiIMG_6889_20151116214159541.jpg


部屋をまっ暗にし、黒いカーテンの前にイルミネーションライトをつり下げ、
シャッタースピードを2秒から4秒くらいに設定します。
シャッターが開いているその数秒の間に、カメラのレンズのズームを回し、
同時にピントもずらします。
そうするとこんな写真ができるのです。


さあ、タイトルはどうしましょうか。
互いにパソコンの画面を見てうなりながら、1枚の写真に何分もかけます。


わたしはどうしても撮影方法を説明をしようとして、「イルミネーションライトのズーミング」
くらいしか思い浮かびません。
タイトルが説明になってしまうのです。


その時、やおら彼女はうなずき、ぽつりと一言。

「宇宙からの贈りもの」


へー、なるほど。

やはり感性は彼女の方がはるかに豊かでした。

彼女の写真が写真展で10枚以上並びます。
写真もさることながら、そのタイトルにもどうぞご注目ください。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR