ジュニアたちの撮影風景

一昨日のジュニアたちの写真が話題になっています。

わたしの周辺の大人たちから、こぞって、「いい表情ですね」、
「生き生きしている」、「若いっていいねえ」、などなど、、、。

モデルの保護者からは、

「かっこよく撮って頂き、ありがとうございます。
何だかアメリカの写真館で撮ったような仕上がりだな〜と思いました。」

私はアメリカの写真館で撮った写真を知りませんので、よくわかりませんが、
要は、あまり日本ではこの手の写真をあまり見ないということでしょうか。

そういえば、日本では、多くの学校の卒業アルバムには無表情の写真が
並んでいますね。

わたしなどは、指名手配の写真のようだったので、封印しています。


ところで、撮影の技術については、おひとりだけから質問をいただきました。
「どんなカメラで写したのか?」と。

カメラは、ニコン D 5100 という一眼レフの入門機です。
レンズは、それを買ったときに付いていたズームレンズです。

撮影方法は、ストロボを2灯使い、メインストロボは天井に向かって
発光させ、柔らかい光を被写体の上から当てます。
そのため、みにくい影がバックに出ることはありません。

サブストロボは、光量をメインの1/4くらいに落として、被写体の
斜め前から当てます。

左向きの時は左斜め前から、右向きの時には右斜め前からです。
体の向きを変えてもらうたびに、サブストロボを付けた三脚を運びました。

撮影方法


そういった技術的なことよりも、大事なことは、どうやっていい表情を
引き出すか。

これは、順番を待つ野次馬たちがやってくれました。

箸がころんでもおかしい年頃ですから、笑顔がすぐに出ます。

楽しい撮影時間でした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR