研究発表会用ポスター完成、発注

12月20日に、広島干潟生物研究会のジュニアたちが研究
発表を行います。

小学校1年生から中学校3年生までが取り組んだ10テーマの
科学研究を、100人ほどが入るホールで発表します。

大人でも緊張するすり鉢状のホールで、観客から見下ろされ
ながらの発表です。


発表用のスライドは後回しにして、先にポスターを作ってもらい
ました。
今日、それがすべて完成したので、発注しました。

11月末の締切日にちゃんとすべて間に合い、こちらでチェックした
ところを直してもらい、再提出分の最後のが今日出ました。

それぞれかなり手こずりそうな注文を付けたのですが、今日
12月3日に全部出そろったのです。すごいですねえ。
しかも、その充実ぶりはたいへんなものです。

昨年のポスターをそれぞれお手本にしていますので、年々グレードアップ
するんですねえ。


なぜ、ポスターを先にお願いしたか。

研究発表といえば、パワーポイントでまずスライドを作ろうとします。

しかし、内容が整理されていないのにいきなりスライドを作ろうとすると、
作り始めと最後のころとでは時間が空いてしまい、枚数もずいぶんと開いて
いることから、「研究の目的」と最後の「結論」とがうまく関連しなく
なることがしばしばあります。

また、スライドの分量や内容にムラが生じがちで、
それが研究の重要性と必ずしもリンクしていないことが
よくあります。

さらには、同じことを違う言い方をしてしまったり、内容が
かぶったり、逆に大事なことが欠落したりしがちです。

これは、スライド作成の致命的な問題で、全体が見にくい
状態で作業をしなければならないからです。

こうしてできたいびつなスライドを筋道が通るように、しかもバランスよく
作り直すのはけっこう大変なことで、時間もかかります。


それを防ぐ最善の方法は、まず全体を1枚にまとめることです。

こうすることで、前に述べた欠点をすべて補うことができます。

もちろん、1枚にまとめることは簡単なことではありません。
全体のスペースの割り振りもさることながら、文字の大きさ、
写真と文字とのバランス、項目の起こし方、それに何よりも
いかに端的に表現するかという国語力が要求されます。

こういったことで、多くの子どもたちはギブアップします。
たしかに小学校の低学年ではまず無理ですから、保護者の
出番です。

しかし、高学年になると、逃げ出す子と立ち向かう子とがはっきり
別れます。
ここが、この作業を通して自分の力をつける機会にできるどうか、
あるいはその機会をみすみす失うかの分かれ目ですね。

まあ、それはともかくとして、いったん1枚にまとめることが
できたら、あとのスライド作りはかんたんです。

そのポスターの流れをベースにして文言や図や写真をつぎつぎと
並べていけばいいわけですから。
極端にいえば、すべてコピペでいけます。
自分で作ったのをコピペするのは何ら問題がなく、むしろ
その方がスライドとポスターがよく一致して好都合です。
要領のいい人は、スライドの画面とポスターの画面を両方とも開いて
さくさくやっています。
ええ、もちろん小学生でもこれは可能です。

パソコンの有効な操作であるコピペは、こんな風に使ってほしいものです。


さて、ポスターをもとにスライドを作る作業は、予想以上に楽です。
スペースの制約がほとんどなくなりますから、しっかりと強調したり、
図や写真の追加も可能です。
1枚に収まらない部分は、次のページに回せばいいのです。

さらに、この機会にアニメーションの技を教えたら、それはそれは
盛り上がり、苦労がいっぺんに楽しい作業に変わります。

ここまでくると、ほんとうに夢中になれるのです。


これから12月20日までまだまだ時間があります。
じっくりと楽しみながらスライドをつくってくれたらなあと
おもいます。

蛇足ですが、昨日、ひび割れチームは、おもしろい図をつくり
アニメーション効果も設定しました。
これは、笑えます。

どうぞ、お楽しみに。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR