裁断機をめぐって

研究発表会の冊子を作るのに、A4サイズの紙がたくさん必要です。

もちろん購入ずみですが、表紙と裏表紙は、少し厚い紙にしたい
ところです。

170kgのちょうどいいくらいの厚さのもらいものの紙がたくさんあるので
それを使えばいいのですが、すべて昔懐かしのB4サイズです。

これを、この機会にA4に切って使おうと考えました。
しかし、さすがにわたしのところには裁断機はありません。

そこで、近場の公民館の裁断機をお借りすることになりました。
事情を説明したところ、快く承諾していただきました。

たまたま今日、期末試験を終えた女子中学生たちがボランティアで
来てくれていたので、いっしょに切りに行こうと誘いました。

重い紙を抱えて、徒歩で5分ほどの公民館へ。

誰々ちゃんの方が軽いのを選んで楽しているだの、
どうたらこうたらと、まあ、道すがらにぎやかなものです。
道路でわたしが紙の束を落とした時なんぞはみんな大笑いで、
盛りあがっていました。


公民館の裁断機は、電動でなく手動です。
あまり切れ味がよくないようで、よほどタイミング良くレバーを
一気に押さえ込まないと、切れません。

うまく切れると最後にザクッと手応えがあり、これがなんとも
快感です。

それを味わおうと、中2の女子たちがキャーキャー言いながら
次々と挑戦します。

なんとか一人でザクッとやりたいところですが、体重があまりなさそうな
二人は、協力して同時にジャンプしてレバーに一気に体重を
かけます。

なぜかジャンプするときに、女子は足を後ろに蹴り上げるのが
なかなかおもしろいですね。

一人でやろうとする子は、ジャンプせずにしっかり腰を据えてザクッと
やってました。おみごとです。


sizetimretouchR0011968.jpg

こうして、めでたく2,3千枚の紙の裁断ができました。


切り端も、持って帰りました。
これは、川柳の同好会の方に差し上げるためです。

たまたま昨日、写真展の会場で飾り付けの作業をしていたとき、
一人のご婦人が会場の下見においでになっていました。
来年の2月だったか?にこのホールで川柳の展覧会をご予定とか。

聞けば、川柳を書いた紙を貼る額や台紙であれこれ悩まれていました。

たまたま四方山話の中でその話をお聞きし、またその方のお住まいが
なんとわたしの教室から歩いて2分ほどの距離であることがわかりました。

こうなると親近感が湧くもので、B4の紙をA4にしたときの切れ端で
よければ差し上げますといえば、ぜひ欲しいとのご回答。

今日お電話したところ、さっそく先ほど取りにおいでになりました。

手提げ袋2つあり、ともに重い物ですから、わたしが持ちご婦人には
道案内をお願いしました。

こうして、本来なら捨てるはずの切れ端が役に立つことに
なったのです。

めでたしめでたし。


蛇足

このご婦人は80歳を越えてなおお元気です。
広島の川柳の事務局をお一人で仕切っておられ、しょっちゅう市民交流
プラザに出かけてはパソコンで会報を出したり、月に一回の会合の
御世話をしたりなさっています。
もちろんボランティア。
腰は幾分曲がってはいますが、頭脳明晰で、話していても飽きません。

最近、わたしの回りには、元気な高齢のお方がどんどん目につくように
なりました。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR