第59回 旺文社 全国サイエンスコンクール

今年で59回を数え、小・中・高校の教育関係者では知らない人は
いないほど超有名なコンクールがあります。

それが「旺文社 学芸サイエンスコンクール」。


もちろん主催は旺文社ですが、後援に内閣府・文部科学省・環境省が
ドンと並んでいます。
応募総数はなんと11万点という、巨大なコンクールです。


サイエンスコンクールと銘打っていますが、理科・科学だけではなく、
募集分野は、芸術・文芸そして環境にまで広がっています。

各部門を列挙しておきますと、

アート分野では、
 絵画・デザイン・書道の各部門。

環境分野では、
 写真・ポスターの各部門。

文芸Ⅰ分野では、
 小説・詩の各部門。

文芸Ⅱ分野では、
 読書感想文・作文・小論文の各部門。

そしてサイエンス分野では、
 理科自由研究(小・中学校)・自然科学研究(高校)・
社会科自由研究(小・中学校)・人文社会科学研究(高校)の
 各部門がそれぞれあります。


さて、今年の「理科自由研究」の中学校の部の応募総数は、22,992点
だったようです。この理科・中学校が、すべての部門でもっとも応募が多く、
つまり、最大の難関です。

その中で、金賞がたった1点、審査委員特別奨励賞がたった2点、入選が
わずかに10点、そして努力賞がこれもわずか17点、それぞれ選ばれました。

応募2万3千点という母集団の中から合計30点というあまりにも少ない入選の
数であり、砂漠で針を探すようなものですね。

ところがなんと、うちに出入りする中学3年の女子生徒が、見事この入賞の中に
入ったのです。
しかも針を2本も探し当てました。
まあ、奇跡ですね。

ひとつは、太田川河口域の干潟を中心とした塩生植物の調査研究であり、
この個人研究が「入選」10点の中に入りました。

もうひとつは、モデルガンを使って音速を求める共同研究で、これが「努力賞」
17点の中に入りました。これの研究は、先日広島大学シンポジウムで唯一の
中学生としてプレゼンをし、大学で物理を研究なさっている先生から絶賛された
研究です。

59回の歴史の中で、二つの異なる科学研究を同じ年に出した生徒が、
二つとも受賞した例はおそらくないだろうとおもいます。
しかも、一方は生物分野、他方は物理分野です。

この子については、書けばキリがないのですが、まさに科学研究を
小5の時からずっと継続してきた、ベテランです。
これまでもわたしのブログで何回か紹介しており、昨日の記事の
写真では、一番左に写っている可愛い女の子です。
どの子も可愛いのですが。


旺文社受賞者一覧


ところがです。

この二つの研究のうち、モデルガンを使った音速の測定の研究の方は、
「広島市科学賞」の審査では、「教育長賞」の6点にも、「優秀賞」10点にも、
「優良賞」35点にも選ばれず、それ以下のほぼすべての作品に付けられる
「佳良賞」として早々と作品が返却されてきました。
まあ、そのおかげで旺文社に応募できたのも事実ですが。

審査の観点がそれぞれのコンクールで多少異なることはわかりますが、
しかしねえ。
審査員の主観が入りやすい芸術系ならありえるでしょうがねえ、、、。


ともあれ、袋町の「まちづくり市民交流プラザ」で12月20日に行われる
研究発表会では、この二つの研究が披露されます。

なお、昨年、この同じコンクールの小学校の部で、審査委員特別奨励賞
に輝いた魚の研究も、発表してもらいます。

まったく無名の「広島干潟生物研究会」の研究発表会で、なんと
全国レベルの研究が3本も聞けるなんて、ちょっと行ってみようという
気になりませんか。


trimretouchIMG.png


現在90名ほどが応募なさっています。
ぎりぎりまで受け付けたいとおもっています。
あと20人まではだいじょうぶです。

どうぞお誘い合わせの上、お申し込みください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR