慰安婦問題 日韓合意

大きなニュースが入ってきました。

今日、岸田外務大臣がソウルで韓国の外相と会談し、慰安婦問題に
関して合意を得たとのことです。

その詳細についてはテレビで流れているようですし、インターネット
でも配信されていますから、大半の方はご存知のことでしょう。

ラジオのニュースでも、「政府は満額回答を得たとの認識。」とか、好意的に
捉えているようです。

これに関してわたしは、幾分斜めから見ています。

一つは、軍の関与を認めたような合意となっているようですが、
これはいろいろ資料を当たった人の意見をあれこれ聞いてみると、
そうではなかったと理解するのが妥当なような気がします。
したがって、そこまで立ち入る必要が果たしてあったのかということ。


もう一つは、百歩譲った上にさらに50億円をも用意し、総理大臣の謝罪文
さえも添えておきながら、なぜ大使館前の像の撤去を文書に盛り込まなかったか。
(共同声明のような文書は出ましたっけ?)

韓国としては、あれは民間のやったことで政府としては関与できないと
いう立場をとるとはおもいますが、国を挙げて働きかければ撤去は簡単に
できるはず。

ここで思い出されるのが、慰安婦問題が急に問題化した時の経緯です。
朝日新聞の誤報に加えて、日本政府の安易な謝罪がそのきっかけでは
なかったでしょうか。


日本政府は、「最終的かつ不可逆的な解決」を提示したとしていますが、
果たしてそれは本当の解決になるのでしょうか。
前例があるではありませんか。

ツメがあまいのではないかというのが実感です。

大使館前の像が速やかに撤去されるかどうかが、そこらを見極める
ポイントだろうとおもいますね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR