紫キャベツの煮汁

小6の理科で、「水溶液の性質」が出てきます。

酸性、中性、アルカリ性というやつです。

赤いリトマス紙が青くなったらアルカリ性、逆に青いリトマス紙が
赤くなったら酸性ですね。

中学になると、BTB溶液なる指示薬が登場します。
水溶液が酸性だと黄色に、中性だと緑に、アルカリ性だと青に変わります。

いずれも一般の人には入手しずらいので、馴染みもあまりないとおもいます。


ところが、ちょっと大きなスーパーなら売っている紫キャベツの煮汁が、
酸・アルカリの指示薬になるのです。

しかも、酸・アルカリの強弱によって、微妙に色がちがうので、
より詳しくわかるのです。

酸性・アルカリ性は、その度合いを数字で表すことができます。
ペーハーとかピーエイチといわれるもので、難しくいえば、水素イオン濃度。

もっとも強い酸性が1で、もっとも強いアルカリ性は14であり、
7が中性ですね。

紫キャベツの煮汁を指示薬として使った場合、

1,2といった強い酸の時は赤色になります。

3から5までは赤紫色。

6から7までの中性付近では紫色。

9,10が青色。

そして11,12が青緑、13が緑、最後の14は黄色になります。


下の写真は、水溶液をたまごパックに少し入れ、これに
紫キャベツの煮汁を数滴加えたときのようすです。


sizetrimretouchR0012048.jpg


上段は左から 重そう、ポカリスエット、水道水、トイレハイター、酢です。

下段は、左ふたつを飛ばして、食塩水、台所洗剤、塩酸です。


このように、たまごパックは比色用のパレットの代用として便利です。

色がきれいでしかも簡単にできるので、子どもたちには大人気です。

お試しあれ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR