子ども用の図鑑がハイクオリティ

紙面に掲載する写真を何枚か提供したことで、出来上がった図鑑が
送られてきました。

株式会社学研プラスの「ふれあいしぜん図鑑 春」です。

130ページほどのなかに、春を感じる植物や虫などを原則見開き
1ページに1項目として収録されています。

なのはな、れんげそう、みつばち、もんしろちょう、てんとうむし、、、。


行事のページもあり、ひなまつり、おはなみべんとう、がっこうのせいかつ、
こどものひ、しおひがり、、、。


歌のページもありました。
「はるがきた」、「ぶんぶんぶん」、「うれしいひなまつり」、「いちねんせいになったら」
、、、。

楽しいイラストが中心ですが、写真もけっこう取り入れられています。

本文はすべて平仮名で、カタカナの部分には平仮名のルビが振ってあります。
つまり、小学校に上がる前の子にも読めるようにという配慮ですね。

帯には、3~6才児向きとあります。

それにしては、ちょいとクオリティが高いように思います。
小学校高学年でも十分楽しめそうです。


size統合 1


小学校に上がる前からこんな本に親しめるのは実にうらやましいですね。

こういった本での知識をもった子が、自然の中に飛び出して、実物に触れると
もっといいでしょうね。

そんな機会をつくってあげたいですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

かわおさむし : 2016/02/26 (金) 15:51:03


去年ポプラ社から発売された「ぜんぶわかる! メダカ」という児童書がありますが、大変濃く、最新の知見をしっかり含んだ内容でした!

児童書まで手を出すと予算が追い付かなくなってしまいますが、子供向けの本も侮れないですよね…。

スクーティスト : 2016/02/26 (金) 22:33:48

コメントありがとうございます。

そうそう、こども向けといえば幼稚な本というイメージがありますが、
昨今ではそれはとんでもない話です。

写真技術も進み、学術的な知見も増えていますので内容は十分あり、
それをいかにこどもたちにわかりやすく示すかが著者、編集者、
出版社の腕の見せ所ですね。

図書館のキッズコーナーは、大好きです。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR