干潟ガールとのトークショーの打ち合わせ

広島デルタにすむ干潟のカニを題材に、分布やその要因を徹底的に
追究し、カニの種類によって浸透圧調整機能がそれぞれ異なることを
明らかにした女子高校生3人組がいました。

潮位に合わせて早朝の4時にカニを採りに自転車で出かけ、私のところに
戻って処理したのちに制服に着替え、何食わぬ顔で登校し、授業とクラブ活動を
すませてからまたここに戻ってきて計測をし、夜おそく自宅に帰っていくという
日を何度も繰り返しました。

もちろん私が強制したのでなく、自分たちで計画を立てて。


進学校に通いながら受験科目とは関係のない研究を続けた彼女らは、
敬意と慈愛の意味をこめて、地元では「干潟ガールズ」と呼ばれるように
なりました。
新聞にも取り上げられましたっけ。

彼女らは、巨大な自然に対峙し、ちっぽけなカニを相手に謎ときに挑戦し、
受験勉強だけでは得られないことを数多く学び、多様な技術や知恵を身に付け、
自然のしくみの巧みさに心を震わせました。
たんなる試験勉強のよくできる女の子たちではないのです。

時に泣き、笑い、あきらめかけたりしたこともあります。
論文が完成したときの彼女らのしみじみとした喜びも目の当たりにしました。


そんな彼女らをわたしは誇りにおもいますし、彼女らとともに時間を共有できたことを、
忘れることはないでしょう。

そんな子らがいて、それを育む環境が広島にはあるということを、多くの青少年や
保護者の皆さん、あるいは多くの市民に知ってほしいとおもい、12月末の
イベントで、彼女ら3人を呼んで話をしてもらおうと計画を立てています。

苦労話だけでなく、大学での充実した生活のようすなども楽しく話してもらおうと
おもっています。

題して、「大学生になった干潟ガールズのトークショー」(仮テーマ)ですね。


たまたまこのうちの一人が帰省しており、話に行ってもいいかとメールして
きました。
日本で二番目に難しいといわれる国立大学に入った1年生です。

カモがネギを、、、いやいや、ぜひ会いたいとおもい、

「おいでおいで。いっしょにお昼を食べよう。」


律儀に12:00ちょうどに来ました。
薄化粧をし、ピアスなんぞをしていて、さすがに高校生のころからは
ずいぶんと脱皮していましたね。きれいになっていました。


さっそく中華料理屋に行き、食べ終わって部屋にもどり、その後
延々と夕方までおしゃべりしました。

はやい話が、ふたりでトークショーを展開していたというわけです。
聴衆のいないところで。
少しもったいなかったですね。


「ところで、3人でトークショーをやってほしいんだけど、、、。」

最初は、「人前でのお話はわたしたち苦手だし、、、。」というノリでしたが、

「今日のような話をそのまましてくれたらいいんだよ。」

と、まあだんだんとその気にさせました。はい。


とはいえ、課題も出てきました。

来年の1月に成人式がありますので、それに合わせて帰ることになれば、
年末には帰って来られるかどうかすこし怪しいですね。

旅費もかかることですしね。
その成人式の前の日の日曜日にトークショーを設定したとしても、仲間での
集まりとかがその日にあれば実現が難しいし。

いちおう、今日のところは保留となりました。

5月の連休にははっきりするとおもいます。

半分、ご期待ください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR