コーカサスオオカブト

カメラの絞りの違いで画像がどう変わるかを、昆虫の接写で
示しておこうとおもいます。

いま、写真を始めた中学生へのテキストにしようと考えました。

コーカサスオオカブトを撮ってみましょう。

まずこれが、絞りを f7 にしたときの画像です。

sizeretouchDSC_4821.jpg


続いて、これがf25にしたときの画像です。

sizeretouchDSC_4817.jpg

両者を比べて、どこがどう違うかわかりますか。

実に微妙な違いですが、上の方がピントの合っている範囲が狭く、
逆に下の方では、それが広いのがおわかりでしょうか。

もっと絞りを開いたらさらに顕著にわかりますが、この微妙な違いを
わかってもらいたいところです。

接写の場合、ピントの合う範囲(被写界深度といいます)はせまくなり
ます。

ボケを生かすためにわざと被写界深度を浅くする場合もありますが、
通常はかなり絞り込んで深くしたほうがいいでしょう。

ただ、そうすることによってシャッタースピードが遅くなりますので、
そこらへんの兼ね合いをどうするかを常に考えながら取る必要が
あるのです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR