最小の水槽づくり

水の中で生きるいろいろな生きものを飼育しています。

そのための容器は、水槽です。

60cmの水槽が最も大きく、40cm、20cmといろいろあります。

その他、ビンでも微生物を飼育し、水草を栽培しています。

さらには、ラブコンと呼ばれるプラスチックでできた試験管も
あります。これはスクリュー式のふたがついていますので、
運搬に便利です。

水槽と呼べるかどうかわかりませんが、もっと小さいものを
つくりました。

それは、昔スライド映写していたころのプラスチックの枠に
透明のプラスチックシートを表裏に貼ったもの。

こんな感じです。

スライド水槽図


これが実物の写真です。

sizeretouchR0012188.jpg

ここにゾウリムシを入れてみようという発想です。
この水槽に電極を2本差し込み、電流を流すとマイナス極に
ゾウリムシは移動します。
これはすでに何日か前に記事にしていますが、走電性といいます。

この走電性のようすをスクリーンに映しだして鑑賞しようというのが
ねらいで作った水槽なのです。

まだ試してみていませんが、近いうちにこのブログに動画を載せたいと
おもっています。

おそらくスクリーンに映し出したものよりもスライドを直接接写した方が
いいとはおもいますが。

どうぞお楽しみに。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR