ブランコ、自転車

自分の子どもたちが幼稚園や小学生のころ、参観日が日曜にあれば
ほぼきちんと出かけていました。
運動会は日曜でしたので、ちゃんとお弁当をもって家族こぞって、
さらにはじいちゃんばあちゃんを誘って行きました。

そういう関わり方だけで世間の子どもたちの様子がわかるとは
全くおもってはいませんが、それにしても想定外なのがいまの子どもたちの
遊びや運動能力など。


昨日気づいたことで言えば、ブランコ。

小1の女子がビュンビュン漕いでいる傍らで、「ブランコを漕いだこと
ないの?」というほどの技量の男子たち。
口々に「ぼくブランコきらいだから。」

これは、子どもに対する誹謗中傷ではなく、保護者への願いです。
体で覚えさせることは、小さいうちに経験させてくださいね。

こういった状況ならば、自転車に乗れない子どもらもけっこう
いるのではないかと心配になります。

今やケニアのマサイ族でも楽しく自転車に乗っていますので、
もしお子さんが小学校に上がる前であれば、公園に出かけて
自転車の練習をさせてください。

これもブランコと同じで、一度体で覚えたら一生ものです。

自転車の指導のコツをお伝えしておきます。
子ども用の自転車を買ってきたら、まずペダルを外します。
もちろん補助輪は使いませんので、オプションで付ける必要は
ありません。

サドルにまたがらせ、足で地面を蹴って遊ばせます。
これを数日続けると、バランスをとることがインプットされます。

自由に操れるようになったら、はじめてペダルを取り付けます。
あっという間に、ほとんどその日に漕いで乗れるようになります。


ペダルを付けたままでの練習では、バランスとりとペダル漕ぎとの
二つを同時にしなくてはならず、子どもにとってハードルが高いのです。
この二つを分けて指導すれば、いともかんたんに乗れて
漕げるようになります。

広島と言えば中心部は別として、決して大都会とは言いがたいのですが、
保護者は子どもたちに冒険させること、体験させること忘れ、
安全第一、勉強第一に考えていらっしゃる方が多いような気がして
なりません。

自転車に乗れない子がどの程度か数字がありませんが、
ボールを投げられない子、木登りができない子、スキップができない子、
虫を恐れる子、はさみが使えない子などなど、けっこういるのではないかと
おもわれます。
今度、知り合いの小学校の先生に聞いてみようとおもっています。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR