つくしの胞子の動き

ツクシの話題、最後の第4弾です。

昨日の画像で、胞子には4本の弾糸がついていることを
お見せしました。

これが、湿度によって伸び縮みするのです。

湿度が上がると弾糸は縮み、胞子をぐるぐる巻きにして
しまいます。胞子は動くことも飛ぶこともできません。

ところが乾燥すると、胞子の弾糸は急に目一杯足を伸ばし、
四つ手網のように広がります。

おそらく、雨の日には胞子を傘の中に閉じ込めておき、
晴れ上がった日を見はからい、胞子を風に乗せて遠くに放出するという
繁殖戦略なのではないでしょうか。

実に巧みにできています。

今日は、顕微鏡の下でそっと息を吹きかけて湿り気を与えてみました。

弾糸はいっきに丸くなりますが、すぐに乾燥しますので、あっという間に
足を伸ばします。

ほとんど瞬間的ですので、どうぞお見逃しないように。


ではどうぞ。

[広告] VPS



you tubeの方が大きな画面で見られます。
こちらをクリックしてみてください。



自然界の巧みさに、感心させられますね。

もし自宅や職場に顕微鏡があれば、ぜひご覧になって下さい。
いまならまだそこらにつくしはあるはずです。
子ども用の顕微鏡で十分です。

つくしの胞子は、薬包紙に包んで保管できますので、先生方は新年度に
なってからでけっこうですので、子どもたちにぜひ見せてやって
いただけたらとおもいます。
高校生でも感動しますから。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR