セトウチマイマイの脱糞

マイマイというのがわかりやすいか、カタツムリという方がおなじみなのか、
よくわかりませんが、とにかくそのデンデン虫が出歩き始めました。

昔は近所の庭木にたくさん見られましたが、近年、めっきりレアになって
しまいました。

庭も生け垣も持ち主が下草をすっかり刈ってしまい、乾燥しています。

湿度が失われ、隠れ家がなくなり、腐葉土というおいしいエサもなくなって
しまいました。

カタツムリを取ってきてさあ観察しようというとき、小学校の先生はどのようにされて
いるのでしょう。

それこそ教材屋で販売する時代になるかもしれません。

わたしは、幸いあちこち出歩いていますので、隠れ家を知っています。
冬期以外ならいつでも20や30はすぐに集めることができます。
そこに多数生息しているのは、セトウチマイマイです。

その場所にたまたま出かけたところ、おやおやもうすでに落ち葉の下から
はい出して木に登っているではありませんか。
といっても、木にへばりついているだけです。

セトウチマイマイは樹上性のマイマイですから、活動期に入ると
木の枝に登るのです。

もう少し暖かくなると、湿度の高いときに軟体部を殻から出して
どんどん動き回ります。

3個体ほど持ち帰り、ぬるま湯のシャワーを浴びさせると活動しはじめました。

電話対応や書き物をしているうちに忘れてしまい、少し経ってからのぞいてみると
脱糞しています。

sizeretouchDSC_5995.jpg

律儀にちゃんとうんちを折りたたんで出しています。

色合いを見ると、落ち葉のようなものを食べていたようですね。


カタツムリは野菜や果物を与えるとほぼ何でも食べます。
ニンジンを与えると赤いうんちを、ほうれん草を与えると緑のうんちを
します。
紙も食べますので、その後には白いうんちをします。

鳴かないのでうるさくないし、脱走しても這い跡がきらきら光りますので
すぐに見つかります。
エサも冷蔵庫の中を見ればほぼ何でもOK。

意外にきれいな殻をもち、個性もあり、うごきもなかなか愛嬌があります。

ただし、寄生虫がひそんでいる可能性がゼロではありませんので、
触ったあとは手洗いを心がけるべきでしょう。

特に、沖縄の方は、アフリカマイマイには触らない方がいいでしょう。
広東住血線虫がかなりの割合でついているとのことです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR