海の打ち上げゴミからキセルガイ

広島市の西区と佐伯区の境界の河口部は八幡川という
河川で区切られています。

この八幡川の河口は遠浅で、水鳥が多く集まることで知られており、
いつもバードウオッチャーで賑わっています。

先日、実験用にタマキビを持ち帰ろうと立ち寄りました。

堤防から波打ち際に下りる階段は、雨の影響で打ち上げゴミが
わんさか積もっていました。

場所は、水産振興センターのすぐ近くです。

八幡川河口


打ち上げゴミをかき分けてタマキビを集めていたところ、
なんと、陸貝のキセルガイの死殻を発見しました。

打ち上げゴミの中から出てきたにしては
ひじょうにきれいな殻であり、擦れていません。


sizetrimretouch DSC_6877


なお、写真のスケールは、0.5mm刻みですから、殻長は14mmです。


sizetrimretouchDSC_6848.jpg

キセルガイといえば、わたしのイメージでは、山奥に生息し、しかも湿度が
十分にあり、腐葉土などのエサも十分あり、要するに自然度の極めて高い
森林の中でひっそりと生活している陸貝です。

それが、こともあろうに、死殻とはいえ、海岸の打ち上げゴミの中から
みつかるとは。

種名については、よくわかりません。

殻長14ミリメートルで、殻の形からすると
ハリマギセルかなあとおもいますが、即断は禁物。
同定は専門家に委ねようとおもいます。


いずれにしても、陸貝そのものがレアであり、それが海岸の打ち上げ
ゴミから新鮮な状態で見つかるなんて、おそらく一生で一回の
ことでしょう。

大切にビンにいれておきたいとおもいます。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR