太田川河口でもっとも恐ろしげなクロベンケイガニ

近所の干潟でもっとも怖そうなカニの1種に、クロベンケイガニが
います。

まず、からだが大きいこと、色が不気味であること、それに足に生えた
剛毛、さらには近づくと巨大なはさみを振り上げて威嚇することなども
怖さを増す要因です。


sizeretouchDSC_7028.jpg


これを、小2、小3の子どもらに持たせてみました。

男子の一人は、びびってしまい、背中をさわるのが精一杯。
もう一人はこれまで干潟観察会に来ていて慣れていましたので、
なんとか持てましたが、顔はひきつっていました。

女子は、最初は怖い怖いキャーといっていましたが、全員が指で
ちゃんと甲を押さえつけ、教えたとおり甲の両脇をつまんで持ち上げる
ことに成功しました。
顔は満足げです。

予想が大はずれ。

おお、たくましい女子たちよ。

それに引き換え、男子の、、、、。

とはいえ、こどものころの恐怖心は命を守る上で大事なものであり、
本能的に備わったもの。

いろいろな体験を重ねるうちに、安全と危険の区別を自分なりに理解して
いくことになります。

この体験不足がいちばん心配なのです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR