ゾウリムシの酢酸に対する反応

ゾウリムシが、飼育しているビンの上のほうに集まったり、
培養液に電気を流すとマイナスの電極に集まったり、いろいろと
おもしろい行動を示すことが知られています。

これらは一口に走性と呼ばれていますが、濃度によって逆の方向に
移動したり、種類によっても異なったりと、奥は深いようです。

ちょうど小学校の5,6年生がやってきたので、さっそく実験して
みることにしました。

実験の対象動物は普通のゾウリムシ。

内容は、酢の濃さがちがうと行動がちがうのかどうか。

市販の酢はおよそ5%の酢酸ですので、そのままのもの、これを10倍に
割ったもの、100倍に割ったものの3種類の酢酸溶液を用意して
もらいました。

こういった準備もすべて子どもたちにやってもらいます。

その溶液をろ紙に浸しておき、ゾウリムシを培養している溶液に
投入するのです。

実体顕微鏡での観察だけだと客観的な記録になりませんので、
ビデオ撮影も併せて行いました。


結論から先に言いますと、0.05% や 0.5% の酢酸溶液には惹かれていくのですが、
5%では濃すぎるようで、一瞬で動きが止まって死んでしまうものもいたり、
死なないまでも動きが異常になりました。

動画は、こちらです。
you tube に上げたほうが大きな映像で見やすいかもしれません。

You Tube 「ゾウリムシの酢酸に対する反応」

 [広告] VPS



彼らは、今後、あれこれと対象を広げて研究していくそうです。
楽しみですね。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR