小学生がやったゾウリムシの実験

5月1日の記事の続きです。

小5、小6の子ら3人がやってきて、ゾウリムシを使った実験を
あれこれやっています。

酢に対する反応は前回の記事に書いたとおりです。

洗剤に対する反応もやってみていました。

いろいろな水に対する反応をみようと、塩水を取り上げました。
たんなる塩水ではなく、人工海水にしたのが興味深いところです。
彼らは、淡水にすむゾウリムシが、果たして海水や汽水で
すむことができるかどうか、興味をもったようです。

たまたま手元にあった人工海水が、1.8%でした。
これと、これをさらに2倍に薄めた溶液とを用意し、ゾウリムシが泳いでいる
ところに注ぎました。

海の水はおよそ3%くらいの塩分を含んでいます。
したがって1.8%では海水ほどではなく、それをゾウリムシの入った液に
1:1の割合で入れますから0.9%になり、かなり薄くなるのでゾウリムシたちには
あまり影響ないのではないかと予想しました。

ホールスライドグラスにゾウリムシの入った液を0.5ミリリットルとり、
1.8%人工海水を0.5ミリリットル加えました。

その海水を入れて10分後にのぞいてみたら、39匹いたゾウリムシは
なんと、1匹をのぞいてすべて動きを止めていたのです。
50分後にはその1匹もついに動きを止めました。

けっこう厳しい環境だったようです。

その半分の濃度つまり、0.45%ではどうでしょうか。

結論から言えば、69匹のうち、10分後に2匹が動きを止め、そのままの
状態を保ち、1時間後にみると動きを止めていたのは4匹でした。
つまり65匹は普通に動いていたのです。

つまり、濃度が0.45%になったら、ゾウリムシにとってはほとんど影響は
なかったといえるのです。

さあ、おもしろくなりました。

3人の小学生たちが考えたのは、

「じゃあ、二つの中間の濃度ではどうなるのか?」

でした。

かれらは、さっそくやってみたのです。
その結果、実におもしろいことがわかりました。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR