元宇品での観察会

いやー、すごい人でした。
われわれのグループだけでなく、アサリ堀りにおいでになっている
一般の方も多く、見える範囲だけでも200人以上はいましたね。

あのプリンスホテルの駐車場が満車になるのですから。

海岸の道端にはワゴン車を利用したみやげ物屋も出てましたね。


生きものを観察しながら歩いて行くと、芋の子を洗うような感じで、
アサリ堀りの人をかき分けかき分け進みました。


予想どおり潮はひじょうによく引き、足元はコンブの林。
こんなにビッシリとワカメで干潟が埋め尽くされているのは
見たことがありません。

いい土産ができましたね。


アマモも十分生育していました。これはイカや稚魚などの
ゆりかごとして生態学上重要な場所です。


ウニ類はムラサキウニ、バフンウニ、サンショウウニもみつかりました。
潮下帯にみられるクモヒトデもたくさんみましたね。

貝では大きなババガセも採れましたし、レイシは非常に大きい個体が
採れました。
アカニシは握りこぶし大のが1個体。

魚ではギンポ、キュウセン、ニシキベラのいずれも
成魚が採れました。

サザエ、トコブシの類は今年はだめでしたね。
おそらく連休中にすでに誰かに持って行かれたのでしょう。


記念撮影には、駐車場の関係で間に合わなかったかたがずいぶん
おられましたが、待つ時間がなく、やむなく見切り撮影。

九州からわざわざかけつけてくれた大学生となったK君が撮ってくれて、
帰宅後すぐにメールで送ってくれました。


sizetrimretouch_DSC1907.jpg


日射しもきつくなく、けがもなく、楽しい観察会でした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR