ハクセンシオマネキ、たくさんいます

ハクセンシオマネキは環境省が絶滅危惧Ⅱ類に指定し、国内の
15の県で何らかの指定を受けています。

広島県では準絶滅危惧とされています。

県内の河口域をかなり熱心に調べてみたところ、たしかに
生息している地点は少なく、稀少な種類であることはまちがい
ありません。

ところが、ハクセンシオマネキにとって環境がピッタリ合えば、
けっこういることが次第にわかってきました。

この撮影地は辺り一面にわんさかいます。

ただ、警戒心がチゴガニなどに比べて強く、近づくと必ず巣穴に
逃げ込みますし、一旦引きこもったらなかなか出てきません。

ですから、一般の方は、たとえ生息地の付近を通ったとしても、
ほとんどお気づきにならないとおもわれます。

いま、エサをどんどん食べている時期です。
オスもまだメスを呼ぶためのはさみ振りをするよりもエサを食べるのに
夢中です。


sizeretouchDSC_7317.jpg


sizeretouchDSC_7306.jpg


上がオス、下がメスです。

エサは地面の砂の表面に付着している有機物。
砂ごと口に運び、口の中でその養分をこさげて砂は上手に
吐き出します。
下のメスは、まさにそれを吐き出そうとしているところです。


その吐き出した砂の粒が砂団子とよばれ、巣穴の周囲にたくさん
並べられています。

巣穴は、鉛筆の太さの穴であればチゴガニかコメツキガニ、
もう一回り大きければこのハクセンシオマネキです。

河口干潟が近所にあれば、出かけてみてください。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR