オバマ大統領の来広

今日、2016年5月27日、オバマ大統領が広島の地を訪れ、平和公園に足を
運びました。

現職の米国大統領の来広、そして平和公園での慰霊など、当分ありえないと
おもっていましたので、意外に早かったなあという感想です。
また、その日がついにやってきたのかというおもいと交錯しています。

これは、タイミングが実にうまく重なった出来事だとおもいます。


まず、先日、広島で外相サミットがあったこと。
この関係で、ジョン・ケリー国務長官の平和公園への訪問が実現しました。

また、おそらく彼が米国に帰ってその状況を大統領に伝え、政治的な判断が
あったのでしょう。
というよりも、米政府にとっては、日本とりわけ広島の人の反応を伺うための
探りを入れる最良のチャンスでした。
ここで手応えを得たはずです。


次に、当然ながら、日本での先進国首脳サミットの実現ですね。
しかも、伊勢といえば、広島とそう離れてはいません。
飛行機で飛べば広島空港または岩国空港まであっという間です。


それと、大統領がノーベル平和賞を受賞したオバマ氏だったこと。
おそらく彼としては、最後の仕事のひとつとして、広島への訪問を
実現したいとのおもいがあったのではないでしょうか。


そして、謝罪を伴わない、たんなる慰霊であっても日本政府、日本国民は
受け入れるだろうという米国の判断。
つまり、「オバマ、帰れ!」のコールが広島ではないであろうという判断ですね。

実に絶妙なタイミングだったとおもいます。


このタイミングに合わせるために、米国の世論、つまり、原爆の投下を正当化する
考えの国民が多いことにも配慮して、様々な調整が日米でなされたうえでの
訪問となったはずです。


この記事を書いている時点で、オバマ大統領が資料館でどのように記帳なさったかが
まだ報道されていないようですが、平和公園での声明というか演説というか、その
断片的な報道を見ると、やはりよく練られた文言であるとおもいます。

あのオバマ大統領が、メモを見て発言していたことにはびっくりしました。
慎重さがうかがえます。


わたしは、あいにく、夕方の到着に合わせて出掛けることができませんでしたので、
午前中に平和公園に行ってみました。

すでに、ものものしい警備でしたね。


sizeretouchIMG_0655.jpg


ただ、まだ正午直前だったためか、通行も写真撮影もまったく自由でした。
平和公園を通り抜ける車も、いったんは止められていましたが、
自由に走っていました。


sizeretouchIMG_0635.jpg


椅子が並んでいるのをのぞけば、観光客もごらんのとおりで、いつもと
ほとんど変わりません。

sizeretouchIMG_0646.jpg

ヘリコプターも、まだこの時間にはまったく飛んでおらず、静かな状況。

ただ、この数時間後に一般客はシャットアウトされ、夕方に向けて緊張が
走ったのではないでしょうか。


テロなどが起こることのないように、祈りたいと思います。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR