オオスカシバの産卵の瞬間

オオスカシバはスズメガの一種で、名前のとおり翅に鱗粉がなくて
透明です。

花を訪れ、ホバリングしながら蜜を吸いますので、その場面は実に
いい画像となります。

今日は、花ではなく、クチナシの小木を訪れていました。
クチナシと言えばオオスカシバの食樹です。

つまり、産卵に来ていたのです。

このオオスカシバは、クチナシの葉に一つずつ卵を散らばらせて
産みます。
あっちに1個、こっちに1個というふうにせわしなく飛び回り、けっこうな
数の卵を産みます。

ですから、これらの卵がふ化して終令幼虫になったころには、1本のクチナシが
丸裸になることがしばしばあるのです。
現に、あるおばあちゃんから相談を受けたときには、枝だけのクチナシの
根元に黒いツブツブの糞が山ほどありました。


蜜を吸っている写真は花にピントを合わせてちょっと待っていれば、何度も
やって来て、おまけにホバリングしてくれますのでけっこう撮りやすく、
インターネットで画像を検索するとたくさんヒットします。

わたしも、フィルムカメラを使っていたころ、撮った記憶があります。

しかし、産卵の瞬間は、見ることはあっても撮影はできていませんでした。


今日、はからずもそのチャンスがあったわけですが、あいにく少しピントが
甘いのが残念です。

もう産卵の写真はこれが最初で最後だとおもいますので、記念に載せて
おきます。


まずこれは、クチナシの木の枝の中に入り込み、探りをいれている様子です。

街中で突如現れたので、外付けストロボを出す暇がなく、カメラの頭についた
ポップアップストロボで撮りました。

size640trimretouchDSC_7740.jpg


これが産卵の瞬間です。茂みの中です。

sizetrimretouchDSC_7734.jpg


これがたったいま産み付けられた卵です。

trimretouchDSC_7735.jpg


産卵のカットは、この1枚だけでした。

いやー、なかなか難しいです。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR