ヒトハリザトウムシ、縮景園に生息

環境省の準絶滅危惧種であり、愛媛、鳥取、岡山、広島でも同じく
準絶滅危惧に指定されている本種。

海岸地帯の岩の割れ目の中、あるいは大木のむき出しになった根の
すき間などに群れを作って生息しています。

明後日、観察会を行う広島市白島九軒町の護岸にも生息していますが、
そこに隣接する縮景園でも見ることができます。

水辺の岩の割れ目を次々と見ていくと、見つかります。

この手のムシを好んで見ようとする人はまずいませんから
まあ別に探してもらわなくてもかまいませんが、自然度が高い場所
なんだなあと、認識してもらえばそれでけっこうです。


sizeretouchDSC_7802.jpg


sizeretouchDSC_7803.jpg


sizeretouchDSC_7806.jpg


いま、縮景園は、結婚式の前撮りで大賑わいです。
新郎新婦は笑顔でカメラマンの指示に従っています。

もちろん撮影中にヒトハリザトウムシが飛び出してくることはありませんが、
視力のいい花嫁さんが岩の割れ目に群がる彼らを偶然に
みつけ、「ギャー」ということはありそうです。

勢い余って池にザブンということなどないように、園やカメラマンの方からの
事前の注意が必要かも知れません。

ちょうど、足元がすべりやすく、池が間近な場所ですので。


彼らはもちろん毒はもっていませんし、かみつくこともありません。
実に平和主義者です。
ただ、ただ、体に比べて細長すぎる脚をもっているということがちょいと
難といえば難でしょうか。

それになんといっても、うす暗い岩の割れ目で群れていて、おまけに
近づくとワサワサと体を揺らすものですから、印象がよくないですね。

せめてこの動きだけはやめた方がいいとわたしはおもうのですが、
このザトウムシたち、聞いてくれません。


この時期はまだ亜成体ですが、8月から9月になると体全体が黒くなり、
背中の中央にとがった針というかトゲが1本見えるようになります。

なかなか凛々しくて、かっこいいムシですよ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR