水中シャボン玉の名人

ふつうのシャボン玉は空中をただよい、その膜は液体であり、中には
気体(空気)が入っています。

水中シャボン玉は水中をただよい、その膜は気体(空気)で、中には
液体が入っています。

まるで逆ですね。

この水中シャボン玉は、いろいろな条件を変えることによって、うまくできたり
なかなかできなかったりします。

うまくできるための条件を探す実験を、小学校3,4年の子らが挑戦しました。

それぞれがデータを持ち帰ってしまったので、どの条件が良かったのかを
ここに示すことができませんが、探究的に取り組み、満足そうな表情で
帰って行きました。

溶液と様々な太さのストローを持ち帰りましたので、おそらく続きを家庭でも
やるのではないかとおもわれます。


では、その水中シャボン玉なるものを見てみましょう。

わたしなど、10回挑戦してせいぜい2回か3回しか成功しません。
最初はこの子らもその程度でしたが、しだいにあれこれ条件を変えて
試行し、またコツもつかんだようです。

もう最後のあたりはどの子もほぼ百発百中。

どうぞ、ごらんください。


[広告] VPS



水 200ml に台所用洗剤 2ml を加えた溶液を用意します。

直径 7mm のストローを 2~3 cm ほどこの液に差し込み
指でストローにふたをして液を吸い上げ、約1cmの高さから落とすと
うまくいくようです。

動画をよーくご覧ください。
この子はストローに目盛りを打ち、必ず下から 2cm だけ液を入れて
落としているのにお気づきでしょうか。

液を落とす高さも、毎回ほぼ 1cm からに決めてやっています。


それ以外にも百発百中のコツがあるそうです。

こんど聞いておきますね。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR