ゾウリムシの走電性

一昨日、昨日の続きです。

一昨日の記事の中で、なにげなく実験方法を文章で書いています。

「30秒電気をオンにし、直ちにオフにします。
5分休憩させて、ふたたび違う電圧を30秒かけます。
この繰り返しです。」

これでまずまずわかっていただけるとおもいますが、昨日の実験装置を
見ないままではわからないとおもいます。

こういうときは、図で示すのがいいですね。

こういうことです。

ゾウリムシ走電性実験方法


さて、方法はこれで完ぺきにわかっていただけたはずですが、
こんどは、結果の表し方です。

一昨日のグラフのタイトルにはこう書かれています。


「通電後の経過時間とマイナス電極に集まったゾウリムシの
個体数の変化」

これ、小学生たちが何度も何度も遂行してあみ出した文章です。

この一文を考えつくのに、いったい何十分要したことか。


こんな営みの中で、語彙が増え、誤解を招く言い回しに気付き、
表現が豊かに、そして正確になっていくのです。


科学研究をまとめるって、それはそれは大変なことですが、
それを投げ出さず、保護者や先生に適切な指導を受けて成し遂げた
暁には、ずいぶんと大きな成果が現れます。

プロの方の研究ではありませんので、オリジナリティはそんなに重要では
ありません。
本やテレビを見たり、過去の作品に興味をもったり、生活の中でみつけた
楽しいことなどをきっかけにしたらいいでしょう。

ただ、文章でまとめるのを保護者がやってしまっては、一番大事なところを
持って行かれてしまいます。

我慢して、子どもたちの力が伸びるように指導していただきたいとおもいますね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR