タマキビ3種がおもしろい

今日は、ウミホタル観察会の日ですが、同時に「海のめぐみとわ食文化」の
催しがなぎさ公園小学校で行われます。

うちに出入りする小学生と中学生がそれぞれ発表することになっていて、
午前中はそちらにおつきあいします。

スライドだけでなく、本物のタマキビがあれば発表に花を添えることに
なるだろうと、昨日宇品の海岸まで採りに行きました。

ここには、1カ所にアラレタマキビ、タマキビ、マルウズラタマキビの
3種類がすんでいますので、簡単にゲット。

これを持ち帰り、種類に分けてビンに入れ、かるくふたをしておいたのです。

けさそのビンを見てびっくり。

あれっ。アラレタマキビがいない!
そんなばかな!

sizeretouchIMG_0994.jpg


よくみると、ふたの裏に集まっています。

sizeretouchIMG_0999.jpg

タマキビはすべてが下の方に、アラレタマキビはすべてがふたの裏に、
そしてマルウズラタマキビは中間の位置にいたのです。


これはおもしろい。

タマキビたちの性質なのか、ビンのせいなのか、いまのところわかりません。

これからのこどもたちの研究のヒントになるのではないかとおもいます。


なにか事を起こすとなにかにつながり、事をおこさなければ
永遠に知らないままってことですね。

自然や生きものを相手にすると、予想もしないことが起こるので
興味が尽きません。

さて、ぼつぼつ準備をして出発します。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR