ウミホタルの画像

ウミホタル観察会の話題はいい加減に終えようとおもいつつも、
気になることは解決しておこうというおもいもあります。


参加者のなかで親しくなった方からじかに聞いた想定外の質問は、

「ウミホタルってなんですか?インターネットで調べても、東京湾の
アクアラインのことしか出てきません。」

「ホタルが海にもすんでいるのですか?」


まだマシな方では、

「ウミホタルは、昆虫ですかそれともちがう仲間ですか?」

「ウミホタルホイホイに5mmほどの穴を開けて持ってこいと
言うことはだいたいそれくらいの小さな生きものなのですか?」


さもありなんということで、当日は参加者にウミホタルの説明の
プリントをお渡ししました。


海ほたる解説


これを家に帰って読んでいただければ、およそのイメージができるのでは
ないかとおもいます。


ただ、観察会当日は、じっくりルーペで見ていただくという企画は
行いませんでしたの、プリントに示した図のようなイメージはだれも
持つことができませんでした。


さいわい、観察会の当日採集したウミホタルを家に持ち帰り、人工海水で
生かしていた中学生が、発光している状態の写真を撮りたいからと教室に
持ち込みました。

あいにく失活していて発光の様子を撮ることができませんでしたが、
ウミホタルそのものは置いていきました。
今日、それを撮りましたので、ここで載せておきたいとおもいます。


sizeretouchDSC_8286.jpg


sizeretouchDSC_8311.jpg


3ミリメートルほどのミジンコのような生きものですね。

イメージしていただけたらさいわいです。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR