フェリーの旅

南土佐キャンプでは、広島港と松山観光港の往復はフェリーを利用
しました。

広島港-松山観光港を往復するフェリーは3艇あるようです。

そのうちの一つ、翔洋丸が、なんと今朝9時過ぎに呉港で
衝突事故を起こし、その事故で停電したため動けなくなったようです。

もしこれに乗り合わせていたら、私たちのキャンプは大幅に予定が
狂ってしまったことでしょう。

たまたま、3日と1便ずれていたために難を免れました。


何年か前の隠岐キャンプでは、出発直前にフェリーとクジラが衝突し、
修理のためにドックに入ったフェリーが、出発の日までに復帰できるかどうか、
ヒヤヒヤしました。

いつもキャンプではバスに乗る時間が長いので、交通事故による渋滞は
ある程度覚悟しており余裕をもっているのですが、よもやのフェリーの
事故は想定外です。

たまたまその事故に遭遇された方には大変お気の毒でしたが、
我々としては、正直ホッとしました。


さて、フェリーに乗ると、時間がずいぶんあります。
瀬戸内海の波のようにゆったりとおだやかに流れる時間です。

子どもたちがどう過ごすか、少し興味をもっていました。

まず、朝食をとるよう指示しました。
予定どおり、みな朝食をもってきていました。

その後、音楽を聴いたり、おやつやジュースを口にしたり、読書や宿題に
集中する子、もちろんおしゃべりの時間も相当ありました。


sizeretouchIMG_1050.jpg

ただ、それだけではちょいと寂しいですね。
高速艇だったら、それで終わっていたかも知れません。


ところが時間がたっぷりあるものですから、女子たちはひとしきり
船内探検や宿題を終え、仲良く花いちもんめが始まりました。


sizetrimretouchDSC_8355.jpg


男子たちは、トランプですね。
イス席で無理な姿勢のままやっているので、和室に移動してもらいました。


sizeretouchDSC_8359.jpg


男女別々とはいえ、それぞれが群れて共通の時間を過ごす場面が
あったことは、大収穫。

これで初対面の子どうしでそれぞれ名前を覚え、グッと親近感が増しました。


大人たちは、初対面どうしが多く、まだ緊張感があったためおとなしく
お過ごしでした。すこし打ち解けるまで時間がかかります。


ただ、さすがに保護者たちが女性軍は花いちもんめを、男性軍が
花札をし始めたら、わたしとしては、逃げ出したくなりますね。
こちらも、ちょうどいい塩梅でした。


朝早く集合していただき、長い長いフェリーの旅でしたが、
いい時間だったとおもいますね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

kay : 2016/08/02 (火) 08:43:02

昨日の事故では怪我をされたかたも出たそうでお気の毒ですが、
無事キャンプがすんだことをありがたくホッといたしました。
子どもはすでに日常モードですが
ときどき「キャンプでね・・・」としゃべり足りなかったことがまだあるようです。
いい経験をありがとうございました。

スクーティスト : 2016/08/02 (火) 11:28:02

コメントありがとうございます。

また、干潟研のブログにもコメントをいただき、
合わせてお礼申し上げます。


フェリーの事故は、われわれのキャンプにつきものという
印象となりました。
まあ、事後でホッとしています。参加者は、昨日のニュースを
見聞きして、どきっとしたことでしょうね。


さて、中学生にもなると男子は帰っても家族にあまりペラペラ
しゃべらない場合が多いかも知れません。
ですが、小学生と違ってあれこれよく回りが見えていますので
いろいろな思いがあったはず。

それを含めて、たくましくなって帰ったはずです。

お子さんをキャンプに送られたことに敬意を表します。

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR