南土佐キャンプ 同行保護者の感想

キャンプ翌日の朝、パソコンを開くと、小1女児のお母さまから
メールが入っていました。

了解をいただきましたので、そのまま掲載させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3日間の旅行では大変お世話になりました。

娘が今朝起きて早々、「次のオルカのキャンプも行くから、母さん
忘れんでね!」
とのこと(笑)。

親として、元気いっぱい遊びまわったり、荒波をものともせず、潮風に
ふかれながらキャーキャーはしゃぐ子供らしい姿を心温かく見ておりました。

また普段、学校や習い事に眉根にしわを寄せながら取り組んでおり、
頭でっかちになりかけの娘ですが、異年齢のお姉さんとの集団生活で
角が少し丸くなったようです(笑)。

旅行前には親子そろってあれこれと心配しておりましたが、次回は心軽く
参加させていただこうと思います。
良い体験をさせていただき、親子そろって感謝申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その後、再びメールをいただきました。(ブログ掲載への了解の返事)
ブログへの掲載を了解いただいた上で、次のようなご感想が
書かれていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

子供達の様子を見ていましたら、親があれこれ世話を焼くのは3年生ぐらい
までなんだなぁ、と実感・・・。

いや、Uさんのご家庭 (編者注:夫婦と小1男子、4歳男児の家族4人で
参加なさった方) の様子を見ていたら、もう少し娘を信頼して任せて
(ガマンして)みてもよいのでは?と考えさせられました。

本当に私自身も振り返ってみても良い勉強になります。

親の反省はさておき、娘が一緒に旅行に参加しよう!と言ってくれるうちに
家族で参加できたらいいね、と主人と帰りの車中で話しておりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は、このお母さん、すでに旅行中にその境地に達しておられました。

行きのフェリーの乗船直後には親子でパズルをなさっていましたが、
その後は、子どもの行動は女子軍団にまかせられました。


sizeletterIMG_1117.jpg


2日目のトンボ公園では、最前列の女子グループに娘が、列のしんがりに
お母さんが、それぞれ独立独歩で散策なさっていたのが印象的でした。


親子の関係を考え、またそれを試しに行動に移してみることができた
わけで、いい機会になったようですね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR