マイクロピペット

中学3年生の女子が来て、実験をしています。

あれこれ工夫して調合した溶液をラブコンの中に、ゾウリムシの培養液を
一定量きちんと量って入れたいというのです。

まあ中学生の実験ですから、そこらへんのプラスチックのスポイトで、
アバウトな目盛りに従って入れたらよさそうなものですね。

しかし、ただでさえ実験になれていない中学生ですから、それでは
ますます正しい結果から遠ざかることになりかねません。

そこで、これまであまり使っていなかったマイクロピペットを使って
もらうことにしました。

これは、大学や研究機関ではおなじみの器具で、液体をマイクログラムの
単位まで正確に量って吸い込み、ワンタッチで吐き出すことの出来る
すぐれもの。
分子生物学や分析化学などではなくてはならない器具です。


使い方を教えると、すぐに慣れて使いこなすまでになりました。

「きゃー、これは便利。目盛りを見ないでつぎつぎ測れるから
楽ちんです。」


sizetrimretouchIMG_1188.jpg


便利な道具はどんどん使わせるのがわたしのやりかた。

小学生でもパソコンに馴染んでもらい、中学生ではデジタルカメラの
インターバル撮影機能を利用してハマダンゴムシや魚の行動を
これまで記録する方法を教えた結果、これまでの学会の常識を
覆すほどの実績を残してきました。


正直言って、大人より使い方をマスターするのは遙かに速く、
しかも正確にデータがとれるのです。


市が定めた科学研究の指導の指針には、小学生・中学生の実験には、
「必要以上にデジカメやパソコンなどは使わないよう」にという一文が
あり、戸惑っています。

たしかに学校でならう実験程度では、必要ないのですが、
こと科学研究では、こどもたちが、何を測定したいと言い出すか
わかりません。

実験操作の未熟な子らにこそ、便利で正確な機器で補ってやりたいと
考えます。

そんなに高いものではありませんから。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR