かたつむりのエサ

7月16日の記事で、カタツムリをテーマに科学研究はいかがと提案
したのですが、だれも興味を示しませんでした。

その後、ずっとわたしの手元にいます。

情が移りまして、いまや一郎、二朗、三郎、花子と呼んでかわいがって
います。

雄が3個体、メスが1個体というわけではなく、カタツムリは雌雄同体ですので、
オス・メスの区別はありません。
ネーミングを考えるとき、ニュートラルな名前がなかなか4つ思い浮かばず、
やむなく、上記の名前になりました。

二朗の「朗」の字だけ他と違いますが、これはうちに出入りする
業者さんが二朗さんで、変換するとどうしても「二郎」でなく
「二朗」になってしまうので、そのままこれに決定しました。

「花子」は、別に順番から言って「四郎」でもよかったのですが、
やや華やかな色合いがあるので、花子にしました。


sizeretouchIMG_1237.jpg

一番でかいのが花子です。

この花子は、普段は容器のふたの内側にへばりついていますが、
水をかけるとすぐに体を伸ばして、すり寄って、いやいや、
エサを求めて動き回ります。


sizeretouchIMG_1245.jpg


この花子の端正な顔つきを見ると、やはり美人ですねえ。
この、首を少し傾けて何かを訴える表情は、色気さえ漂っています。


長い方の触角の先に目がありますが、形は識別できないようです。
彼女がわかるのは明暗だけですね。
これだけ毎日世話をしているご主人さまの顔がわからないとは、少し
残念。

短い方の触角の先端では、味や臭いをキャッチするようです。
せめて、この感覚でもいいから分かってくれたらとおもいますがねえ。


今日、突然カタツムリが登場したのは、実はスーパーでキャベツの外側の
葉っぱをタダでもらえることを知ったから。

教室には買い置きの野菜がないため、エサに苦労していましたが、
たまたま今日スーパーでキャベツの葉がゴミ箱に入れられているのを
見つけてしまったのです。

おそるおそるレジのお姉さんに、あの葉はもらえるのかと聞いたら、

「ウサギのエサに持って帰る人がけっこういますよ。」とのこと。

さすがに「カタツムリのエサにしますのでわけてください。」とは言えず、

「じゃあ動物のエサに少しもらいますね。」ともらって帰りました。

今後、エサの心配は無くなったわけで、今日はその記念の投稿です。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR