女子のポートレート撮影

女子のポートレートの撮影については、いろいろなガイドブックがたくさん
出ているほどですので、けっこう奥が深いものです。

わたしもそれなりに勉強はしていますので、屋外ではけっこう気に
入っていただけるスナップをこれまで多少撮ってきました。

室内では、ムードのある大道具、小道具が手元にほとんどないことと、
本格的なスタジオ用の照明設備とバックスクリーンがないため、
躊躇していました。

ただ、ポスター用にどうしてもポートレートが必要になったため、外付けの
ストロボを2灯だけ使って撮っています。

まず、カメラのヘッドの部分にあるクリップオンストロボを立ち上げ、
それに専用のおおいをかぶせます。

ストロボは発光させるのですが、光は被写体に届かないようにします。
この光が正面から被写体にあたると、凹凸のない平べったい写真になって
しまいますから。

多くの日本人にとって、フラットな正面からの光は禁物で、タダでさえ
平らな顔がさらに平らに見えるのです。


被写体を照らすのは、そのクリップオンストロボから出た赤外線をキャッチ
した外付けストロボ1と2です。


strobotechniquesizeretouchDSC_8511.jpg


できるだけ顔の凹凸を引き出しながらも不自然な陰影を極力避けるため、
ストロボの位置を考えます。

ストロボ1がメイン光で、これはトレシングペーパーを前にかざして光を
やわらげます。

このままでは不自然な陰が出ますので、ストロボ2でその陰をやわらげます。


そして、最後にもっとも重要なことは、撮った写真を1枚1枚モデルに見せて、
一番のお気に入りをご本人に決めてもらうこと。

お気に入りがなかったら、再度撮り直す労を惜しまないこと。

幸いこのたびの干潟ガールズの3人は、撮り直しなしですぐに
決まりました。

ただ、それぞれ、彼女らのお気に入りのカットと私のお気に入りの
カットは、5枚中2、3枚は共通でしたが、なぜか1、2枚は違っていました。

もちろん、彼女らの選択を優先したのは当然です。はい。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR