ジャコウアゲハの幼虫

7月のとある日、ある植物学者から市内にウマノスズクサが
生えていることを教えていただき、一言このブログでも紹介しました。

この記事です。

ジャコウアゲハの食草で、毒を含んでいますので、ジャコウアゲハ以外の
虫は寄りつきません。

あいにくその日にはジャコウアゲハの幼虫をみることはできませんでした。


今日、ふたたび現地を訪れ、目を凝らして幼虫をさがしてみました。

いました、いました。
あちこちに点々と。

ただ、うまく葉の裏にへばりついていますし、葉の陰や地面の色と
同化しており、誰ひとり道行く人は気づきません。


小さなものは2令か3令くらい。

sizetrimretouchIMG_1284.jpg

上の写真で3個体いるのがわかるでしょうか。


大きいものはふ化してだいぶ経つようで、終令かそれに近い令です。

sizetrimretouchretouchIMG_1291.jpg


さらに寄ると、その毒々しさがひときわ目立ちます。

sizetrimretouchIMG_1286.jpg


もう数日したら、蛹になることでしょう。
この蛹がなんともいえない色と形で、お菊虫と呼ぶ地方もあります。

そう、怪談「皿屋敷」のあのお菊です。

どんな蛹なのか、想像しながら写真をどうぞお待ちください。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR