Coolpix p900 レビュー

買ったばかりでまだ使いこなしてはいませんが、ちょっと気になる
ところがあるので、一言。

一眼デジタルで虫などの小さな生きものを撮影する際には、
ピント合わせはほとんどオートを使いません。

マニュアルフォーカスといってレンズを回してピントを合わせたり、
カメラをいじらずに、体を前後させてちょうどいいところに来たときに
シャッターを切ります。

これは、オートだと被写体の前後のコントラストがある物体に
ピントを引きずられてしまい、肝心の被写体にピントが合わない
という大事件が起こってしまうからです。

ですから、マニュアルモードに切り替え、その後レンズを回転させて
ピント合わせをすることが重要で、左手はそれに専念します。


これをヘリコイドといいますが、このP900にはそれがないのです。

ボディの後ろにあるダイヤルをクルクル回して、電子的に
ピント合わせをしなくてはならず、とても間に合いません。


この写真も、20枚近く撮ったものの1枚で、なんとか蝶の目に
ピントが来ていますが、苦労しました。

sizetrimretouchDSCN0181.jpg


次回のモデルチェンジでは、ぜひヘリコイドを取り入れていただきたいと
おもいます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR