ドアに穴をあけずにドアホンを取り付ける

テレビドアホンはもはや多くの家庭に設置されていて、別にそう
珍しくも何ともないのですが、壁やドアに穴が開けられず、導入を
控えていました。


幸い、ドアは鉄板ですので磁石でくっつければ問題ないのではないかと
考え、取り付けてみました。


まず、これが設計図というか、概念図です。


size600テレビドアホン取付要領


5mm厚のアクリルの端材がありましたので、これを切って使いました。

ちょうど良い長さの皿ビスがなかったので、先端が板から少し飛び出しました。

まあこれは事前に想定していましたので、本体の電池と電池のすき間に
この突起がうまく収まるようにビスの穴の位置を考えて設計しています。


size500retouchIMG_1318.jpg


おなじ長さの皿ビス(20mm)をこんどは本体の内側からアクリル板に
向けて打ちますと、同じようにビスの先端が飛び出ます。

こんどは、本体の底板の厚味が少ないので、飛び出る先端も長いのですが、
磁石の厚さがありますので、ちょいと先端をグラインダーでつぶしたら
壁にぶつからずにすみます。


sizetrimretouchIMG_1325.jpg


ベース部分に本体を取り付けて完成です。

この磁石付きドアホン、けっこうな重量となりましたが、鉄板のドアに
取り付けてみたところ、びくともしません。
けっこう磁力が強いことがわかりました。


size400trimretouchIMG_1328.jpg


ドアに取り付ける前に、手元に親機と子機を並べて置き、お試し第一号として
自分の顔をレンズの前にもって行ってボタンを押しました。

ボタンを押した瞬間、まず、チャイムの音の大きさにびっくりです。

また、部屋がやや暗かったからでしょうか、突然にドアホンから自分めがけて
ライトが照射されてさらにびっくり。

タダでさえ見たくもない自分の顔が、音と光にたまげて引きつってでかでかと
モニターに映し出され、おまけに、ドアホン特有のワイドレンズのせいでゆがみまくって
いるではありませんか。

思わず、引いてしまいました。

テレビドアホンって、心臓に悪いですね。


これからよそのドアホンを押すときは、まず心の準備をし、帽子を深々とかぶり、
押した瞬間2歩ほど下がろうとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR