科学研究出品後のてんやわんや 2

「音速の研究」をまとめた中学生たちは、県の「特選」をもらえたことで大喜び。
てっきり、市止まりとあきらめていましたので。

しかも、「県科学賞委員会賞」に輝き、その結果新聞社の取材を受けたことは、
その場では恥ずかしく緊張したとはいえ、終わってからはホッとし、大いに
うれしかったようです。


ただ、昨日の記事にも書いたように、広島市科学賞では「教育長賞」にも「優秀賞」
にも入らず、その下の「優良賞」という3番目の賞にようやく入り、へたをすると
県に送ってもらえなかったわけで、すっきりしない日々が続いていました。
また、市の授賞式には教育長賞と優秀賞の該当者に案内があり、優良賞は
呼ばれません。

したがって、市の審査結果を知った段階では3人ともがっくりきていて、
魚類の研究をして授賞式への案内をもらっていた仲間に対し、素直におめでとうとは
なかなか言えない状況でした。
彼らなりに知恵を絞り、体を張って頑張ったという自覚があり、研究の内容にも
相当自信をもっていたのですから。


ともあれ、県への出品はないだろうととっくにあきらめていたのにもかかわらず、
11月4日になって、県での特選の情報が突如入り、大喜びしたのでした。

ここで、おやっと思われた方もいらっしゃるでしょうね。

魚類の研究の方は、9月30日の段階でとっくに市の教育長賞の知らせを受けて
いたのに、音速のチームの子らは3人とも、市の科学賞の結果が知らされないまま
県の特選を知ったのです。


小学生の保護者からも9月中に次々と市の授賞式への案内が来たという
報告がありました。

ところが、電話でやりとりしていると、どうもおかしいのです。

「教育長賞」をとったのか「優秀賞」だったのか、小学生の場合、だれもわからない
のです。これが先週の木曜、つまり11月10日の話です。

魚の研究の中学生は、9月30日の段階で「教育長賞」だったと先生から言われたと
報告してくれましたので、早くからわかっていましたが、それ以外の中学生は、
どんな賞だったのか、誰ひとりわかっていませんでした。

後日談ですが、ある私立の学校では、優秀賞であったことと、授賞式への案内を
11月8日になってようやく知らされました。
学校によって1ヶ月以上のばらつきがあったのです。

まさか、学校の担当者が知らせるのを忘れていたわけではありますまい。


市がどういう通知をなさったかわかりませんが、少なくとも学校での対応は
まちまちで、1ヶ月以上の差が出たのは事実です。


下位の賞の子らはとっくに賞状を受け取り、作品も返してもらっています。
ところが上位の子らにはウンともスンとも知らされず、審査から2ヶ月も経って
からようやく授賞式の案内が来たり、賞の内容がわからない授賞式に参加
せざるを得ない状況はなんとかしてほしいとおもいますね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR