第60回広島県科学賞表彰式の新聞報道

科学賞の還暦のアニバーサリー行事が昨日広島市の
健康福祉センターで行われました。

この模様は、昨日の記事をご覧ください。

会場には読売新聞の女性の記者がおいでになっていました。
先日、音速チームが取材を受けたときの担当者ですから、

「お疲れさまでーす。」

「おやおや、お疲れさまです。取材ですか。」

てなあんばいですね。


互いに、できるだけ子どもたちの表情を撮ってやろうと、狭いステージの上で
二人でウィンクなんぞをし合って譲り合ってカメラを構えていました。

参列者は会場に新聞記者が二社も来ていると思われていたことでしょう。

厳粛な式に、大変失礼いたしました。


彼女は賞を受ける時に、すべての個人、チームの写真を撮っていました。
とはいえ、まあ紙面に載るのは当然「読売新聞社賞」を受けた高校生の
写真だろうとわたしはおもっていました。

それも、すぐには出ず、あまり事件や行事のない日に、掲載されるに
違いないとおもっていました。


ところが、今日の夕方、小学校の「がんばれゾウリムシ」の研究をした子の
保護者がやって来られ、

「今日の新聞に載ってるのはご存知ですよね?」

と報告をうけ、すぐにファミマに飛んで行ったところ、たしかにありました。


著作権の関係で、そのまま複写できませんので、例によって、文字が
読めない程度に小さく載せておきたいとおもいます。
雰囲気をご覧ください。


sizeyomiuriIMG.jpg


さっそく電話で記者にお礼を言いつつ聞いてみると、

「総局長(読売新聞広島総局のトップ)に2枚の写真を提示し、選んで
もらいました。ひとつは、総局長が正面に見えて子どもらに賞状を与えている
写真、もうひとつは逆に子どもさんたちの顔が見えて授与する方は
背中が見えているこの写真です。総局長は、こちらを選ばれたんですよ。」

とのことでした。

やはり背中から撮った子どもより、前から表情が見えた方が読者もホッとしますよね。

本当はご自分の顔を出したかったかもしれないのですが、総局長のナイスな判断でした。


それにしても、多くの受賞者の中から記者がこのチームの写真を選んだのは
なぜだったのでしょう。
会社のことを考えると、「読売新聞社賞」を受けた子の写真のはず。

ここは聞き忘れましたが、おそらく3人くらい並んだ方が写真の収まりが
よかったのかなあとおもいます。

となると、音速のチームも3人ですので、彼らがなぜ選ばれなかったかという
理由を考えないといけないのですね。

彼らが納得する説明を、今夜考えたいと思います。難問です。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR