ヤドリギ その2

冬なると落葉樹が葉をおとすので、常緑植物であるヤドリギをいとも
簡単に見つけることができます。

したがって、11月下旬から12月にかけてはまさにヤドリギの分布調査に
最適です。

広島県内での調査はどなたかがすでにやられているはずですので、
いまさらそれに挑戦しようとはおもいません。

ただ、たまたま落葉した樹林に入ったら、ヤドリギがやけに目についた
ので、写真だけは残しておこうということです。

size640retouchDSC_9052.jpg


写真では、ヤドリギの丸い実が見えるとおもいます。
おいしいかどうかはわかりませんが、餌も少なくなったこの時期、
鳥たちにとっては、ごちそうのはず。

昨日の話のように、これが糞として落葉樹の枝にばらまかれ、
ヤドリギは種の分布の拡散に成功します。


ヤドリギは西洋では、縁起のいいものとされており、

「私にキスして」、「困難に打ち克つ」などという花言葉があるようです。

他の植物に寄生して生きている植物に対し、「キスして」なんていう
発想は、わたしには理解できませんが、まあ国がちがうとそんな
発想もあるんでしょうねえ。

ここらへんは、どなたか解説のコメントをいれていただくと、
わたしも理解できるかも知れません。


いやいや、たぶん理解できないでしょうねえ。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- : 2016/11/25 (金) 08:30:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スクーティスト : 2016/11/25 (金) 15:12:33

コメントありがとうございます。


広島県ではヤドリギは県北の方にいくとけっこうあちこちに
見られます。

お住まいがどちらかわかりませんが、

広島からのアクセスであれば、もみの木森林公園や冠山の登山道などで
しょうか。

福山からのアクセスであれば、西城町の県民の森がいいでしょう。
駐車場を降りて広場の方に向かえば、すぐにみつかります。

- : 2016/11/25 (金) 16:41:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR