平成28年度 広島市科学賞 授賞式

昨年に引き続いて、今年も小学校・中学校合同の授賞式でした。

一昨年までは、小学校は市内を4つの地域に区切ってそれぞれで
授賞式が行われ、中学校は一括してこども文化科学館で行われて
いました。

今年で、小学校は第54回目、中学校は29回目だそうです。


さて、会場のようすです。

size640retouchDSC_0221.jpg


小6女子が賞状を受け取っているところです。

size500trimretouchDSC_0193.jpg


県の表彰式では壇上から撮影が可能だったので、受賞の際に
子どもらの表情をしっかり撮ることができ、保護者に喜ばれました。

今日もそうしようと、念のため事前に聞いたら、
「段の上には来賓がおられるので上がらないでほしい」
とのことでした。
したがって、今回は賞状を授与する方の顔はしっかり写っていますが、
肝心の受賞者は斜め後からの姿となりました。


式のあとで、記念撮影。

size500trimretouchDSC_0227.jpg

この子らは、期末試験が近いので、賞状を受け取ってすぐに帰りましたので
その直前をつかまえて玄関で記念撮影。


研究発表も聞いて、最後まで残ったグループが、こちらです。

sizetrimretouchDSC_0244.jpg


1枚目の写真の女子も早退していて記念写真には入っていませんので、
その子を加えると合計15名がわたしの関係者です。

記念品は、デジタルの卓上カレンダーで、温度計もついていました。
毎年品物が変えてあり、これには感心します。


さて、注目の「音速チーム」の「特別賞」ですが、今日初めて「広島市教育委員会
特別賞」という名称であることがわかりました。
(なぜ「注目の」なのかは、数日間遡って記事を読んでいただければわかります。)

ともあれ、「特別賞」の説明が表彰式でされるのかと期待したのですが、まったく
触れられませんでした。

受賞者の一覧表では、「広島市教育長賞」と「優秀賞」の間に並べられていましたので、
そういう位置づけなんだろうなあとおもいました。

音速チームの3人は広島市優良賞の賞状をすでに受け取っており、これを取り消すという
通達もありませんでした。
つまり、1つのコンクールに出した1つの作品が、異なる2つの賞をもらったことに
なります。

それぞれの賞にはそれぞれの定義があり、1つのコンクールで同じ観点で
賞を定める場合は、決してそれがかぶってはなりません。
そうしないと賞が成り立ちません。

金は銀でも銅でもなく金です。
2位は1位でも3位でもなく2位です。
「特別賞」は「教育長賞」でも「優秀賞」でもなく、ましてや「優良賞」ではないのです。


もうひとつの注目は、「厳正な審査」をしたという文言が出るかどうかですが、
これもスルーされましたね。

それだけでなく、審査の日程、審査の観点、審査の過程、審査員の人数、
賞の定義や位置づけなど、まったく触れられませんでした。
これまでHPでそれを補うことはまったくなされていませんので、受賞者も
引率者も、そして市民も永遠に知ることができないとおもわれます。


説明があったのは次の3点だけでした。

1 応募数と優秀賞以上の数
  応募:小学校 5244 中学校 1893
  受賞:小学校   91 中学校   15 
2 今年の作品の傾向
3 今後の研究の発展への助言

  
科学研究に優劣を付けるのはなかなか困難で、いちいち細かいことを
目くじらを立てて言うつもりは毛頭ありませんが、
主催者、来賓が口をそろえて「広島市の科学研究の一層の発展を期待して
いる」というのなら、それなりの施策を講じ、あるいは改善し、それを市民に
きちんと説明する責任があります。

それを関係者にリクエストするのは、まさに一層の発展を期するがゆえの
高尚な営みだとわたしはおもうのですが。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR