昭和30年の産経新聞

わたしの先輩に、大学にお勤めだった方がけっこういらっしゃいます。

時々訪ねていらっしゃったり、こちらから出向いたり。

お会いすると、皆さん心配して下さって、科学実験のための簡単な器具や
消耗品をわけてくださいます。

さまざまな分野の科学研究に頑張っている子どもたちがわたしの周辺にいる
ことをご存知なのです。
あるいは、いつも物欲しそうにしているわたしを見透かしてのことかもしれません。

いずれにしてもありがたいことです。


昨日は、ある方から、ダンボールに詰め込んだガラス器具やプラスチック製品を
二箱分もいただきました。

その中身については、2つも3つも記事が書けるほどですが、今日は割愛します。

そのうちの1つに、古い新聞紙に包まれた巨大なウォッチグラス(時計皿)が
ありました。
直径が13センチメートルもあります。

sizeretouchIMG_1654.jpg

これはありがたいもので、双眼実体顕微鏡の下で微生物を分けるのに
ひじょうに便利なものなのです。
これまでは小さなものしかなくて、時間がかかっていました。


包みには数枚の巨大ウォッチグラスがありましたが、ふとその包んでいる
黄ばんだ、いやいや茶色く変色した新聞紙を開いてみると、なんと
昭和30年11月17日とあるではありませんか。

61年前の新聞紙に包んであったのです。

新聞社名は、「産業経済新聞」となっています。
産経新聞の前身でしょうね。

新聞記事にも著作権がありますのでそのままコピーして掲載することは
できませんので、文字が読めない程度に小さく載せておきます。
雰囲気をご覧ください。


sizetrimretouchIMG_1657.jpg


裏面です。


sizetrimretouchIMG_1661.jpg


この年代、そして1面の見出しと裏面の表をご覧になって、何か思いません?


わたしは1面の「新党首脳に聞く」という見出しは、スルーしてしまいました。

なぜなら、しょっちゅう新党ができたりあるいは合併したり別れたりしていますので、
そう大きな事であることに気づきませんでした。

裏面の「二大政党の政策一覧」とある表で、少しオヤッとおもいましたが、選挙前の
よくある記事か、といった程度。


鈍感なわたしは、
「昭和30年といえば、ワトソンとクリックのDNAの分子構造の発見の
2年後だよな。」
と独りごと。

その後、その新聞紙をゴミ箱に放り込んでから、

「あれれ、昭和30年といえば1955年。いわゆる55年体制ができた年では
ないか。」
と後でふとおもったのです。

さっそくインターネットで調べてみると、なんとこの新聞が発行された2日前、
つまり11月15日に自由民主党が結成されたことがわかったのです。

この年に社会党も統一してまとまっていて、これに対して乱立していた保守系の
政党が合併しついに自由民主党ができ、いわゆる二大政党制の幕開けの2日後の
新聞だったのです。

その流れで、自民党と社会党の比較の表が載っていたのですね。
おそらく、前日のトップ記事は、その結成にかかわることが長々と
書かれていたのでしょう。

あわててゴミ箱から回収し、写真を撮ったのでした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR