昭和30年の産経新聞 その2

昨日の続きです。

もらいもののガラスの時計皿が包まれていたのが、なんと61年前の
新聞紙でした。

昭和30年(1955年 )11月17日付けの産業経済新聞です。

記事の文字のポイントは極めて小さく、6ポイントか7ポイントくらいです。
お年寄りにはつらいなあといった感じ。

自由民主党が誕生した翌々日の朝刊で、一面は

「組閣方針 党内円満と清新強力」

の文字が大きく見出しになっています。

清新強力なんて、いまではほとんど使われない四字熟語ですね。


左隅に、「新党首脳に聞く」という見出しで記事があります。

政調会長の水田三喜男氏と評論家の三宅晴輝氏との対談です。


三宅「鳩山首相の方じゃたとえば日ソ交渉でもなるべく早く妥結したいと、
、、、、、歯舞、色丹だけでも手を打とうという気配がみえていたが、
、、、、」


もちろんこの鳩山首相というのは鳩山威一郎氏のことですね。

【訂正】失礼しました。鳩山一郎氏でした。ご指摘をいただいたkenjiさん
ありがとうございました。


この鳩山首相を安部首相に置き換えたら、今日か明日の新聞にも
載っていそうな内容ですねえ。

つまり、60年もの長い間懸案になっていた問題ってことです。

それだけ困難な問題ですから、プーチン大統領がたとえ7日後に
山口県においでになったところで、そう易々と話が進むとは
おもえません。

これから先また60年後に同じように60年前の記事を発見した
ブロガーが、同じような記事を書いているかもしれませんね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR