第1回サイエンスフェアの枠組みと主題

1月7日にサイエンスフェアを無事終え、片付けの最中です。

いろいろな方から、お疲れさまでしたとメールや電話がありますが、
あいにく余り疲れていません。

事務局を運営する立場として、いかにも大変そうに見えたのかも
しれませんが、準備をしながら、自在に取捨出来る立場でもあるので、
いたって楽ちんです。

難しそうなこと、できそうもないことはどんどん切り捨てればいいし、
可能なことで取り入れた方が良いこと、価値のあることはどんどん加えていき、
その連続でしたから。

むしろ、出演していただいたり、お手伝いしていただいたりした方々は、
第1回の実施であるため全体が見えず、したがって手加減がわからず、
ご苦労なさったこととおもいます。
それらの方に、お疲れさまでしたとねぎらいたいとおもいます。

さて、もういちどフレームを示しておきましょう。


時間割


これが全体像です。
おやっと思われる方が多いとおもいます。

科学の祭典などで人気の実験・体験コーナーはわずか2時間だけ。
11時にはじまり13時で店じまいなのです。

これは、今回のフェアが、そこに重点を置いているのではないことが
透けて見えるとおもいます。

いわばお客様を楽しいところから強引にホールに呼び込み、多少
窮屈な体験もしていただこうというねらいの現れですね。

このことは、ホールでの行事が始まる前、つまり主催者代表の挨拶に先だって、
事務連絡的にわたしが会場の皆様にアナウンスしましたので、表立って
反発はありませんでした。

ただ、午後からおいでになった方の中で、実験・体験コーナーがすでに
店じまいしてしまっているのを残念がっておられたとの報告がありました。
チラシやHPなどすべてに時間帯が示してありますから、次回はよく見て
お越しいただけたらとおもいます。残念でしたね。

また、広島では10月に科学の祭典もありますし、7月には広島化学展も
あり、科学の入り口に誘う催しには恵まれています。


さて、そのメインの口頭発表会のようすです。


sizetrimretouchIMG_1917.jpg


sizeretouchIMG_1909.jpg


上の二つは、広島県で特選を得た研究の発表です。

これらに限らず、発表者たちはみんなそれぞれスライドに工夫を凝らし、
わかりやすい表現をあれこれ模索して悪戦苦闘しました。

1テーマ当たりわずか8分ほどの発表ですが、すごく時間をかけて
準備しました。
そのおかげで本番はいい発表ができたとおもいます。

お疲れさまでした。


圧巻は、最初の小学2年生の男子。
30回以上練習したとのことで、ほとんどセリフを覚えていましたね。

セリフがすらすら出てくると言うことは、客席の方を見たりスクリーンを
差したりしながら語れるわけで、おまけに抑揚をつけたり要所要所を
かんで含めるように伝えることが出来ます。
あの「お」「も」「て」「な」「し」がそれですね。

これが説得力につながり、聴衆の頭に残ります。

発表者本人にしても大きな意味があり、こうしてわかりやすい表現に直した
美しい日本語のフレーズをたくさん覚えておくことになりますから、
それが日常生活の中で口をついて出てきます。
つまり、わかりやすい表現で話ができることにがつながります。

その場しのぎのカンペに頼る発表を越えた子の話は、自分を磨き、
そして聴衆の心を打つのです。

今回のもう一つの主催者が訴える「体験の風をおこそう」の趣旨は、
実は来客者の体験もさることながら、発表者側にとっても、体験を積むことで
豊かになるんだという典型ですね。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR