ワラジムシ

ダンゴムシは小学生でもよく知っており、世界の各地に分布しているようです。

それとよく似ているのがワラジムシとフナムシ。

フナムシもよく知られていますね。説明不要だとおもいます。

ところが、ワラジムシとなるとほとんどの人は、「なに、それ?」となります。


これまで、「スクーターで撮り歩き」でも取り上げていなかったことにいま
ふと気づいたのですが、これから間隔が空くとはおもいますが、不定期で
ワラジムシ関連の記事を上げて行く予定です。


まずは、脱皮の写真から。

今日、たまたま双眼実体顕微鏡で見ていたところ、脱皮を始め、
カメラをセットする間もなく体の後半分を脱いでしまいました。

写真は、双眼実体顕微鏡の接眼部に取り付けた簡易撮影装置で
撮ったものです。

解像度も被写界深度も不満ですが、悪しからず。



sizeretouch20170202211445.jpg



体長わずか5mmほどのちっぽけな虫が、動悸を打つように体をリズミカルに震わせて
下半身を脱ぎ捨てている途中の画像です。

30分くらいで脱ぎ終わりました。

この写真を撮っている間も耐えず乾燥していますので、軽く霧吹きをかけ、
かけすぎた余分な水をティッシュで吸い取り、ストレスを与えないように静かに
見守りました。


皮を脱ぎ捨てると同時に、すたこらとティッシュの下に隠れました。

彼らは成長の過程で何度も皮を脱いでいくわけですので、その都度、
敵に無防備な状況をさらすことになります。

その敵は捕食者だけでなく、乾燥という目に見えない脅威もあるのです。

お疲れさま、ねぎらいの言葉をかけてやりたい気になりましたね。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR