ハサミムシを知らない子が多い

ちょいと近所に出掛け、生け垣の麓にある落ち葉に埋もれた石をめくって、
そこにすむ生きものを持ち帰ってきました。

身近にすむダンゴムシやワラジムシをまず同定するためです。

ついでにオカチョウジガイとヒゲジロハサミムシもいたので落ち葉ととともに
持ち帰りました。


白いバットにそれらをどっと移し、生きものを探し出す作業に中学生が
挑戦しました。

オカダンゴムシやワラジムシがいるのはわかっていましたので、

「おった、おった、またおった。」

と大喜び?

なぜなら中学生たちは、近所からダンゴムシ類を探してくるという
課題を、達成できなかったから。


そのうち、

「ギャー、なにこれ?」

と騒ぎ出した対象は、ハサミムシ。


sizeretouchDSC_0605.jpg


公園や校庭の落ち葉の下には普通に見られる昆虫なのですが、
初めて見るようです。


そういえば、最近の都市部の公園でも校庭でも、落ち葉やごみがまったく
見られず、中学生たちが生まれてこの方ハサミムシをまったく見ないで
育ったのも多少納得です。

ただ、それで果たしていいのでしょうかねえ。

落ち葉の中には、小さなクモやダニ、ミミズや昆虫などがたくさんすんでいて、
落ち葉を分解したり、食う食われるの関係があり、絶妙なバランスが
保たれています。

それらをまとめてゴミとして処理してしまうと、生態系という概念が成り立たなく
なってしまいます。

多少きたなくても、湿っていても、気味悪くても、それが自然の状況だという
見本をせめて学校の一角に残しておいて欲しいとおもいますね。


いたずら好きの男の子が、そこからミミズをとってきて女の子を驚かして
みたり、ハサミムシをポケットから出して得意になったり、あるいはミイデラ
ゴミムシのおなら戦術にたまげたり、、、そんな体験を小さい頃にいっぱいしてから
大人になって欲しいとおもいます。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 男性シニアへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村へ
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村へ


※関心をおもちになったら下の「拍手」を
ポチッとおねがいします。励みになります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

スクーティスト

Author:スクーティスト
ブログ「スクーターで撮り歩き」にようこそ。
「ラボ・オルカ」、「スタジオ・オルカ フォトギャラリー」、
「広島干潟生物研究会」にもどうぞお越しください。

ようこそ SCOOTIST です
ようこそ、SCOOTIST です。

時々、ビッグスクーターにまたがって、中・四国の自然にひたりに出かけます。
小さな生き物たちの息吹が伝わったら幸いです。
日常のできごとも気ままに書いていきます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
これまでの閲覧者数
検索フォーム
ご意見・ご感想を
中・四国の自然や生き物情報、ドライブ情報もおまちしています。 ここにお書きになった内容は公開されません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR